YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

住宅業界も・・・

ここ最近は仮想通貨が話題。

ネット社会だからこその事件。

住宅業界もネットの影響力がかなり顕著に出てきています。

昨年、一般社団法人不動産流通経営協会という団体から

不動産流通業に関する消費者動向調査というものが

発表されていました。

不動産に関する調査の報告書でしたが、

その中でインターネットの利用状況

と言うものが調査されていました。

新築住宅を購入した人がネットを利用して

情報を集めたかと言う質問に

なんと「89.3%」の人が利用したと答えたようです。

さらにインターネットを利用した端末が

まだまだパソコンが多く78.6%もいますが、

さすがスマホ。

2016年度よりアップして70.8%の人が

スマホでインターネット利用し情報を集めているようです。

インターネットでの情報収集はさらにある場所にも影響が。

それが、住宅展示場。

住宅会社が建てるだけでも数千万円~数億円。

さらに出展料からイベント、人件費などの年間コストも

数千万円~数億円がかかる住宅展示場。

こんなにコストをかけているのにもかかわらず

住宅展示場に行くお客様が減っている。

これはまずはインターネットで情報を集めてから

ピンポイントで住宅会社に問い合わせるという流れ。

だから、わざわざ住宅展示場に行って

いろんな会社のモデルハウスを見る必要がなくなっているようです。

実際に矢野経済研究所というところが全国の住宅展示場の数を調べたら

2016年の5月で342ヶ所と、ピーク時より15%ほど減っているようです。

大きなお金をかけて住宅展示場にモデルハウスを建てて、

お客様が来なくなってしまっては・・・ねぇ~。

YAMATOの家のオーナー様ご家族はご存知かと思いますが、

住宅展示場どころか、モデルハウスすら持たないYAMATOの家。

その部分のコストカット経営を行って、

オーナー様ご家族のための家に力とお金を使って行く。

今までも、そして、これからも変わっていくことがないでしょう。

新しいZEH

ZEH(ゼッチ)についてブログでもたびたび紹介させてもらいました。

政府が進めている政策の1つで

ざっくり言うと「省エネを住宅でも考えましょう」そんな感じ。

そしてそのために補助金をだしてきました。

まだまだ浸透しきっているわけではないのかもしれませんが、

この度、新しいZEHが登場するようです。

「ZEH+」「Nearly ZEH+」「Nearly ZEH」「ZEH Oriented」

英語ばっかりですが、

ZEHももうちょっと地域性を考慮していきましょうというのが

目玉のようです。

確かに・・・

積雪や日照時間の短い地域で太陽光発電を!!

っというのは現実的ではない。

さらには都心部など高層ビルに囲まれたなかの住宅では

日照そのものの確保も難しい・・・

そんな状況も加味しているようです。

ただ、政府が進めたいのはあくまでも住宅の省エネ化。

御殿場より暖かい地域とされる沼津などで

断熱性や気密性をさらに向上し

一時消費エネルギーをZEHよりも5%削減をする

「ZEH+」

電気自動車用の設備やエネルギーの見える化をするHEMSなどの

搭載要件があるようです。

ただ1つ懸念されている事・・・

数字の競争にならないように・・・

断熱性が窓の方が劣るなら窓を小さくして

断熱の数字を向上しよう!!

これでは明るい室内、開放的な室内など

住まい手の生活の質は果たして向上しているのだろうか?

そういった部分を審査する機関も検討し始めているようです。

住宅の省エネ性=数字

ではなく

住宅の省エネ性=オーナー様ご家族の生活の質の向上

こういう世の中の流れに乗っていきたいと思います。

もっと詳しい情報は機会を改めてご紹介させて頂きたいと思います。

出会い・・・

今回の見学会でもまた新しい出会いがたくさんありました。

これがYAMATOの家との出会いだった・・・

そんな日が来るのかな~♪

 

さてさて今日はYAMATO二枚橋の家の地鎮祭。

こちらのオーナー様ご家族との出会いは・・・

夜中に送られてきた1通のメールでした。

タイトル「営業時間について」

問い合わせ時間が17時になっているが

18時以降も対応してもらえるか?

そんな内容でした。

このメールを頂いたのは日付が変わるかどうかという時間。

翌朝、飯塚がメールを返信。

ご家族に合わせさせてもらっているので、何時でもいいですよって♪

そこから・・・

その日の夜には打ち合わせをしていました。

もうすでにあるハウスメーカーさんとじっくり打ち合わせしていたオーナー様。

もうちょっとでそのハウスメーカーさんと家づくりをはじめようかな・・・

ただ、何かが違うと感覚的に感じていたのかもしれません。

その「何か違う・・・」

そこで白羽の矢が立ったのが

YAMATOの家だったのかもしれません。

何かが違う・・・

それは私たちにもわからないですが、

オーナー様ご家族と飯塚。

いつも笑い声があふれてくる本当に楽しそうなお打ち合わせ。

これが何か違うけどYAMATOの家にはあったものなのかな。

そうやって私はその打ち合わせ風景を見てきました。

そして今日の地鎮祭。

やっぱりご家族がみんな笑顔。

家づくりを楽しんでいるというよりは、

今、この時間を楽しんでいるように見えました。

家づくりではなくオーナー様ご家族の人生と言う時間。

時間を共に過ごし家づくりをするのがYAMATOの家なのかもしれません。

これからもたくさんのオーナー様ご家族との時間を

たくさん楽しみながら家づくりのサポートをさせて頂きたいと思います。

あ~ココが・・・

昨日から開催させて頂いている

YAMATO川島田の家づくり 予約制見学会

9時からご来場いただき、

打ち合わせの時間をじっくりとってくださり

途中で駐車スペースがいっぱいになってご迷惑をお掛けし

大変申し訳ございませんでした。

しかし、今回の見学会も充実しております。

そしてもう一つがこの反応・・・

「あ~ココが・・・」

っていう反応です。

何かと言うと、私のブログでたびたびご紹介させてもらった

ある収納マニアのオーナー様奥さん。

 

みなさん気になっていたようですが、

実はYAMATO川島田の家のオーナー様奥さんだったんです。

そう!!

「NANCHAT TE YAMATO」のオーナー様!!

そして皆さんが実感する今回の家・・・

収納の充実ぶりとそのレイアウトに。

家族用、ご夫婦用、家事室からトイレの細部にいたる

いろんな場所に大なり小なりの収納。

お金払うから我が家の収納にアドバイスを!!

そんなお客様もいらっしゃいました。

実際に着工中のオーナー様ご家族にとっても

収納についてとてもいい刺激になったようです。

そして私も嬉しかった。

オーナー様ご家族のライフスタイルで

こうやって家が変わっていくことを皆さんが感じて下さった事。

だからこそYAMATOの家は注文住宅。

オーナー様ご家族の家として家づくりを行っていきたいと思います。



1 / 812345...最後 »
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.