YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

誕生日・・・

もう少しでまた一つ年齢を重ねようとしています。

誕生日・・・今年は奥さんも入院してそうだから静かにかな~。

そんなことを思いながら毎週火曜日定例の早朝講習に出席。

今日は御殿場警察署の交通課の課長さんが講話してくださいました。

冒頭・・・いきなりの衝撃的な映像に朝からアドレナリンが大量発生!

御殿場市内のあの見覚えのある道路でセンターラインを越えて

対向車と正面衝突・・・そして社内では泣き叫ぶ赤ちゃんの声・・・

実際の映像からスタートしました。

さらには御殿場市や小山町の方ならまだまだ記憶に新しい

須走の道の駅の交差点で発生した死亡事故。

詳細の話しをしてくださいましたが、あの事故は全て他県の方。

山梨県方面から御殿場市内へ向かっているときの事故だったようです。

さまざまな事故についての発生状況や原因について講話してくださいました。

なぜ、今日のブログで誕生日とつけたか。

交通課長が誕生日にやって欲しい事といっていたのが、

「運転免許証の確認」

なにを確認するかというと更新時期。

誕生日に確認していれば、必ず更新期日まで1ヵ月間はまだあるはずです。

結構、御殿場市内でも問題になっているようです。

更新し忘れの「無免許運転」

更新し忘れたのを認識したその瞬間から無免許運転になります。

これ絶対だめです。

なので誕生日に運転免許証を見ましょう♪

そして、ただいま統計をとっている最中のようですが、

事故を起こしにくい車があります。

自動ブレーキなどは今乗っている車にすぐにどうこうできませんが、

「ドライブレコーダー」をつけていると事故を起こしにくくなるようです。

事故を起こした車両にドライブレコーダーが有るか無いかで調べると

ドライブレコーダーの有る車は事故を起こしにくくなっているようです。

私も自家用車は前後にドライブレコーダーを設置しています。

ちょっとお財布が薄っぺらくなっちゃうけど、

家族の命にはかえられませんからね。

夏休みシーズン。そして誕生日に是非とも交通安全。

今日はちょっと家づくりブログから離れてご紹介させて頂きました。

家づくりで大切な風景・・・

YAMATOの家のいろんなオーナー様ご家族とお打ち合わせ。

いろんな打ち合わせをしていると、こんな風景に出合います。

「ご夫婦の日常会話」という風景。

YAMATOの家では家づくりをしているのですが、

注文住宅だからこそ大切なのが

オーナー様ご夫婦がどんなライフスタイルをおくっているか。

先日はコンセントの打ち合わせ時にこんな風景。

YAMATOより「寝室にテレビ用コンセントいりますか?」

この解答がどんな感じか・・・

オーナー様より「ケンカした時にリビングのテレビのチャンネル変えにくいから、

寝室にもテレビ用のコンセントをお願いします。」

これもライフスタイル。

ご夫婦で絶対にケンカしないから寝室にはテレビ置かない。

もしくは、日頃から見る番組が違うから寝室には絶対必要。

そしてこちらのオーナー様ご夫婦のように

「夫婦喧嘩したら寝室で見るから必要」

いろんなライフスタイルがあります。

ちなみにご主人が寝室で見るらしいです・・・

他のオーナー様ご夫婦は聴いていてこっちが恥ずかしかったです。

YAMATOより「外観はどんなイメージがいいですか?」

この解答がどんな感じか・・・

オーナー様ご主人より「外観はお任せします。内観はこだわりたいけど・・・

だって奥さんも見た目より中身で選んだから♪」

この二言目を言われた時に私はどうやって反応したらよかったですか?

聴いていて私が恥ずかしくなっちゃいましたよ。

でもこれも家づくりで大切な風景です。

ご夫婦でYAMATOの家づくりをするときは必ずご夫婦の会話が必要です。

ご家族でYAMATOの家づくりをするときは必ずご家族の会話が必要です。

ご兄弟でYAMATOの家づくりをするときは必ずご兄弟の会話が必要です。

注文住宅だからこそ1つ1つにオーナー様ご家族のライフスタイルを

家づくりに落とし込むときに会話が必要になります。

是非、ただいまYAMATOの家で家づくりをご検討中の皆様。

ご夫婦、ご兄弟、ご家族で会話をたくさんしてみてくださいね。

楽しい家づくりにはとっても大切ですよ♪

出来る時にやるだけやる!

小宮山さんいわく人にも自分にも厳しい私・・・

ん~人には厳しいかもしれませんね。

家づくりってそれだけオーナー様ご家族のいろんなものを

設計は背負って行かなければならないと思っているので。

自分自身には厳しい・・・というよりは一度の人生。

年齢を重ねないとできない事、

それとは反対の若い時にしかできない事。

この2つがあります。

資格試験などはやっぱり暗記モノが多いので若い方が有利。

でも経験は年齢を重ねないとできない。

だからこそ自分自身にはストイックにならざる負えない。

昨日も台風が来なければある会議に出席する予定でした。

大和建設が所属する団体の役員として、

今年も活動してきたのですが会長からまら来年度も

同じ役員をやるように依頼されつつ、もう一つ新しい役を頂きました。

今まで以上の立場の役職。

どんな事がまっているのかわかりませんが、

せっかくの機会なのでとにかくやってみようと思います。

今日、今しかないこの時間。

出来る時にできるだけやる!

自分に厳しいというよりは、なにかやっていないと落ち着かないバカなだけ。

こうしている今もまた、頭のかたすみでなにか出来ることがないか、

常に考えていることが楽しい。

自分のキャパシティーがいまだにわからない私。

もうすでにオーバーしているかも!?

まぁブログ書いている時間があるだけ、まだ余裕ってことかな♪

だから建築士がいる・・・

YAMATOの家のお客様のなかにも

土地探しからスタートされているお客様達がいます。

ただ、YAMATOの家は一級建築士事務所ですが宅建業はもっていません。

不動産屋さんではないのです。

でも、お客様としっかり土地の事についても話し合います。

なぜ!?

土地のプロじゃないじゃん・・・

そういわれてしまいそうですが、あるお客様からのご相談で見た土地からご紹介。

ネットでたまたま見つけた様子。

いろんな手段はあるかと思います。

ネットで見つけていいな~って思って購入されるのも良いでしょう。

ネットにはこんな部分がありました。

 

 

土地の権利から始まって、「都市計画」

「用途地域」「容積率」「建ぺい率」大事な部分!!

土地探しをされている方はよくわかるかと思います。

でもこの内容・・・

建築士だと「んっ!?」となる部分があります。

んっ!?っとならないのは建築士としてはちょっとね・・・

なんか変・・・

どこが変かというと「都市計画」と「用途地域」の部分。

土地の住所からして「調整区域」というのは一目瞭然の場所でした。

御殿場のこのあたりは調整区域で正解!

なのに「用途地域」には「1種住居」の文字・・・

いやいや!!

そうとう特別でない限り、調整区域内で用途地域の指定があることはない。

用途地域を定めるのは基本的に「市街化区域内」

調整区域は市街地にしないようにすることが前提なので、

無作為に市街化できないようにする用途地域をそもそも定める必要がない。

まぁ100歩ゆずって一般的な調整区域内の制限で近い用途地域は第一種低層住居専用地域。

なので用途地域に「1低層」と書いてあったらまだわからなくもない。

いや~見てびっくり♪

ブログで誤字脱字の多い私がいうのもなんですが、

これは誤字という次元なのかな?

YAMATOの家の強力な助っ人に裏をとってみると情報もとがちょっと・・・というアドバイス。

土地のプロではない建築士ですが、

土地探しには建築士も必要なのがちょっとでもお伝えできたかな♪

ちなみにYAMATOの家のメンバーではないのですが、

もうすでにたくさんのお客様の土地のサポートをしっかりしてくれる

強力な助っ人が実はいるんですよ♪

ねっ、YAMATOの家のお客様皆さん♪



1 / 812345...最後 »
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.