YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

医学的にも・・・

YAMATO小山町の家づくりももう一つスタート!

先ずは地盤改良工事からです♪

地盤改良工事の前にちょっと整地させてもらって、

整地した土が落ち着いたら改良工事♪

家の雰囲気がわかるまではもうちょっと先になるかな~

 

家はこんな雰囲気になります。

真っ白がカッコイイ!!

ただ、外観にはいろんな素材を使っていく予定です!

もちろん断熱等級も最高等級の「4」を取得した

外皮平均熱貫流率UA値は0.50W/(㎡・K)です。

見た目だけではなく小山町でも当たり前に快適な家づくりを・・・

 

このブログで終わっていたらタイトルとは全然違うものになってしまいますね。

この断熱性がさらに重要視させるような記事が紹介されていました。

日本経済新聞の2月29日の記事。

「寝室暖房で風邪4分の1」

12歳以下、産業医科大「新型コロナ予防も」

そんなタイトルでした。

一部は有料なので会員登録等が必要な記事ですが、

記事の内容を簡単にまとめると、

寝室を暖房で暖めて寝ている子どもは、そうでない子供に比べ

風邪をひく人の割合が4分の1にとどまることが分かったようです。

 

これは暖かい部屋にいることが免疫の低下を防ぐことができた可能性があり、

新型コロナウイルスの予防にも役立つのではないかということです。

 

今、ニュースを見ているとよく出てくるWHO(世界保健機関)も

室内の温度が低下すると循環器病や呼吸器疾患が起こりやすいという

研究もあり海外では冬場の室内の温度を18度程度に保つことが推奨されています。

 

2つの内容を見ても冬場の室内の温度が保たれることがとても重要であり、

その前提となるのは家の断熱性が確保されていることが重要です。

暖房を動かし、保温できる家の断熱性が確保され、

室内が一定温度になることで風邪対策にもなるということが

医学的にも研究されたことになります。

 

日本の家の断熱性のレベルを見直すことの重要さ。

これは住宅業界だけでなく医学的にも重要になってきています。

 

YAMATOの家 峯田

7日間でもかなり・・・

あまり触れたがらないようなので

あえて触れてみたいと思います。

 

コロナウイルスについて。

建設業はあまり関係なさそう?

7日前の調査では建設業で影響ないと答えたのが62.38%でした。

ただ、昨日の安倍首相からの発表による、

公立の小中高が春休みまで休校。

これを受けて今日、国土交通大臣も次々といろんなことを発表。

 

建設業にとっては国土交通大臣の発表がとても重要です。

一級建築士免許を交付してくださるのも国土交通大臣。

その国土交通大臣が、発表した内容の1つが、

国が直轄している公共工事を一時中止または工事延期する。

受注企業の要請があれば3月15日までの約二週間・・・

国の直轄は大和建設はないから、

静岡県や御殿場市からいわれなければ大丈夫・・・

そう思っていたら、そのあとに・・?

自治体にもこの対応を参考にするように求める・・・

 

静岡県や御殿場市の公共工事についても0%ではなくなった・・・

7日前は影響なし・・・

2月28日には大きな影響・・・

 

その他にも、国土交通省から各関係機関への通達が発信されたようで、

インターネット上にはまだ公開されていない内容ですが、

私のところにも対応についての連絡がありました。

 

こういう時にインターネットを信用しやすいですが、

どこかのトイレットペーパー不足のデマのように

すべてが信用できるかどうかわかりません。

 

大和建設としても各関係機関と連絡を取り合い、

正確な情報をもとに対応を行ってまいります。

 

今日は触りたくなかったけど

あえて触れてみました。

 

YAMATOの家 峯田

NEW!YAMATO神山の家♪

さぁまた一つ新しいYAMATOの家づくりを

御殿場市内ご紹介できます!

 

YAMATO神山の家♪

今回はほんのちょっと外観に木を使う以外は

ほぼ「左官仕上げ!」

しかもこだわりはグレーの微妙なトーンの違い。

微妙するぎるかもしれませんが、

その微妙さがこれまたかっこいい!

そのほかにももちろんオーナー様ご家族こだわりがいっぱい。

 

今回、図面を書いていて期待しているのは階段周辺。

今までにはない雰囲気になりそうな予感が♪

 

こだわりはもちろんですが、

そのほかはYAMATOの家づくりで当たり前。

オール樹脂サッシやYAMATOの家がチョイスしている断熱材を

いつも通りに使って。

外皮平均熱貫流率UA値は0.52w/(㎡・K)で

断熱等級は最高等級の「4」となります。

 

いつも通りにYAMATOの家づくりをしつつ、

オーナー様ご家族だけのこだわりがいっぱいな

YAMATO神山の家をお楽しみに!!

 

YAMATOの家 峯田

 

一緒くたにされてた?

今日のブログは建築士さんなら

「古い話をしているな~」と思う内容になってしまいますが、

御殿場市と小山町の皆さんに知ってもらいたいことを

ご紹介させていただきます。

 

さて、まだまだ寒さも感じる御殿場や小間町。

御殿場や小山町に住まわれている皆さん。

沼津や三島と比べて気温はどうですか?

おそらく「冬は御殿場や小山町に比べれば沼津や三島は温かい!」

そうおっしゃるかと思います。

 

でもちょっと前まで建築業界では

御殿場市や小山町が沼津や三島と同じように考えられていた

っということは知らないかもしれませんね。

 

これをご覧ください。

ちょっと前の資料になりますが、

これは断熱性能の求められるレベルを

地域ごとに示した表です。

次世代省エネルギー基準というタイトルが今では切ないほどの地図。

日本の住宅が断熱性能、省エネ性能が遅れている証拠・・・

という切ない内容は置いておいて、

御殿場や小山町見つかりましたか?

沼津や三島と同じ色で塗られていますよね。

 

そう、御殿場や小山町の断熱の基準は

沼津や三島と同じだった・・・一緒くたにされていた。

 

だから御殿場や小山町の皆さんは家が寒い!という・・・

 

それではまずいですよね!

だから今ではこんな感じです。

数字が小さくなればなるほど寒い地域。

地域区分1は北海道の「旭川市」とかです。

御殿場や小山町は・・・「5」

沼津や三島は「6」

熱海や下田にいたっては「7」

昔よりかなり細分化されました。

御殿場や小山町と地域区分でイメージしやすいのは・・・

新潟県の「新潟市」が同じ「5」断熱基準になっています。

 

これは何に使っているか?

実は家づくりの断熱性能を数字で示すためにとっても重要です!

その部分はまたの機会にご紹介させていただくとして、

今日はまだまだ導入のような部分ですが、

皆さんに「へぇ~」という程度でもいいので

家づくりの時にちょっと知ってもらいたいことをまずは

ご紹介させていただきました。

 

これからちょくちょくこのような分野も峯田のブログで

紹介させていただきすね。

 

 

そうそう!

昨日YAMATOのブログを停止するとお伝えしたら

オーナー様から連絡が来てしまって、

「誰か体調でも悪くなったんですか?」と言われてしまったので

ここで補足説明!!

けっして誰かが体調が悪くなってできなくなったのではありません!

単に、YAMATOのブログの立ち位置がなくなっただけです。

無駄なものはやめる!

そういう決断をしただけだったのでご安心を♪

 

YAMATOの家 峯田



1 / 812345...最後 »
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.