YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

MADE IN 大和♪

今日は月末・・・

大和建設では毎月の月末に全体会議が実施されます。

社長はもちろん役員から土木部そして建築部。

緊急事態がない限りは出席する。

そして社長が司会進行して、

今月の出来事や、来月の予定。

その他、講習会や地域貢献活動などなど

とにかく建築だろうが土木だろうが全員で情報共有です。

これまた社長の性格なのかなんなのか、

まぁ会議と言っても短い・・・

要点だけでさくっと終わって・・・

っと今月はそこで終わりではありませんでした!

なんとこんなものが登場です!!

「おしるこ!!」

しかも大量!!!!!

もちろんお餅入り♪

これはMADE IN 大和!!

というよりMADE IN 社長♪

大和建設のちょっとかわったところかもしれませんが、

日頃から社長がお茶やコーヒーをいれながら

「御苦労さま」って声を社内で掛ける姿があります。

そんな社長からのおしるこの差し入れでは

飲まないなんて選択ができないですよね!!

みんなお家に帰っての一杯の前におしるこを一杯。

 

ちなみに何でおしるこを出したのか聞いてみました。

答えは

「そんな気分だったから」

 

うむ。

大和建設株式会社の社長らしい!

 

2月最後のブログは社長の紹介でした♪

 

大和建設株式会社 建築部 峯田

 

真っ青・・・

体調不良で顔が真っ青・・・

 

年末年始で峯田家全員が風邪をひいてスタートした2019年。

だからこそのブログタイトル!!

 

そんなくだならない前置きは置いておいて、

私の文房具たちをご紹介です。

どうですか?

そう!これぞ「真っ青!!」

もちろんこの他にも

赤や緑やオレンジ、黒やシャープペンもありますが

家づくりをしていてメインで使うのは「青!」

 

私が青が好き・・・

いえ、私は個人的には「オレンジ」が好き。

 

でも青。

これはYAMATOの家の社内ルールです。

注文住宅と言うと情報が規格住宅以上に膨大です。

さらに小数と言ってもいろんな人が図面を触ると

誰がその情報を記載したのかがわかりにくくなってしまう。

情報の混乱は無駄を多く発生しかねない。

 

そこでコストカット経営がYAMATOの家の代表の飯塚から発動!

時間も無駄。工程も無駄。情報を確かめるのも無駄。

ムダムダムダ!!

 

峯田は図面に文字を書いたりするときは「青以外はダメ!」

その結果、峯田は青色に決定しました。

というより設計と言うと青のイメージ・・・ただそういう理由だったような・・・

それはペンの色だけではありません。

付箋のいろまで青しか使ってはいけない。

誰かに書置きする時も青い付箋で書くと

峯田からの報告ってYAMATOの家のメンバーはわかる。

時間も削減、責任所在も明確、情報の混乱もない。

さらに注文住宅でもっとも気を付けなければならない

情報の正確さを保つことができます。

 

これごときで・・・

と思うかもしれませんが、これごときがものすごい!

めんどくさそう・・・

だけどオーナー様ご家族にいい家づくりができるならOK。

 

まだまだいろんな社内ルールがありますが、

全てが家づくりのため。

今日はYAMATOの家づくりでも

メンバーしかしらない事をちらっとご紹介させて頂きました。

 

YAMATOの家 峯田

まだまだもっとよく!!

日々はパソコンに向かって図面を書く事が設計の家づくり。

でも図面を書いた者として、

そしていろんなタイミングを見ながら

現場に行くことがあります。

 

職人さん達と話すのが現場監督としたら、

家と話すのが設計という感じでしょうか。

図面と現場を見比べ。

図面通りにできているかを確認したりと

現場での設計としての家づくりを行います。

 

先日もこの「MADE IN YAMATO」の鉄骨階段と手摺を確認しました。

鉄骨階段や手摺はいろんな家づくりでさせて頂いております。

間取りが違うと微妙な調整は必要ですが、

YAMATOの家のベースとなる部分はあまり変わらない。

って言いたいところですが、そうでもありません。

この階段を見て数組のオーナー様ご家族は

「あっ!うちの階段とそっくり♪」

そう思うかもしれません。

そう、見た目は同じように見えるかもしれませんね。

ただ・・・

細かな部分をさらに改良しています。

それは他のオーナー様ご家族の階段が失敗したわけではありません。

今までの物でも十分にデザインや強度も十分。

でもそこで止まらない。

さらに改善ができないか鉄骨職人さんとも打ち合わせを行い、

今回もあまり気がつかれない部分で手を加えています。

現地で見て、触ってみて、施工された状況を確認して。

さらには棟梁から他の工程との施工性について

要望があったり、このバリエーションの時はこのあたりも注意だななどなど。

 

これから出会うオーナー様ご家族への想いも込めて

まだまだもっと良くなる方法はないのか!!

YAMATOオリジナルの「MADE IN YAMATO」をよりよく!

設計の面白さ!これぞ注文住宅ですね♪

 

一級建築士 峯田

誇りとブランド力

今日はちょっと真面目にブログ。

 

先日、大和建設が所属する団体の他の支部の記念式典へ

私も一応御殿場の役員なので出席させてもらいました。

そこで記念講演があったのですが、登場したのが・・・

有楽製菓株式会社の河合伴治会長でした。

ってだれ!?って思うかもしれませんね・・・

ではこのお菓子は知っていますか?

「ブラックサンダー」

セブンイレブンでも売っているお菓子です。

そして有名になったのにはあの体操選手

レジェンドの内村航平選手が好きなお菓子として

ブラックサンダーと発言したことも有名な事です。

そのブラックサンダーをつくっているのが有楽製菓さんです。

 

まぁ会長さんの講話は大爆笑!!

その中でも会場がもりあがったのが、

あまり知られていないかもしれませんが、

オリンピックの時に内村航平選手に向かって

お母さんがブラックサンダーを投げ入れた写真が

スポーツ紙に大きく載ってしまって

オリンピック委員会からスポンサーでもないお菓子を

投げ入れないでくださいってお母さんが怒られた・・・

そんな話も教えてくれつつの本題です。

 

ブラックサンダーをつくっている有楽製菓さんは

皆さんが知っているあの夢の国とも今まで取引していたようです。

会長いわく昨年に卒業されたとの事でしたが、

あの夢の国は素晴らしいほどに「自分たちのブランド」というものに

こだわっていたようです。

河合会長は最初は「たかがお菓子に・・・」

でも相手が求めていたのは「夢の国のお菓子」という徹底したブランド。

誰が作ろうが、夢の国のお菓子と言うブランドは壊させない。

ものすごいうるさかったと当時の事を教えてくれましたが、

だからこそ今では

「たかが30円のブラックサンダーのお菓子だけど

その1つに対して誇りとブランド力があると感じている」

と教えてくださいました。

 

30円の物にすら誇りとブランド力・・・

だからこそ今ではブラックサンダーだけで年間1億個も売り上げる。

内村航平選手が言ったからというのもあるけど、

そもそもその商品が素晴らしい物でなかったら

1億個も売れる訳がない。

 

YAMATOの家は30円ではない・・・

金額だからというわけではないけど、

やっぱり創っている者がどれだけ誇りをもって

そしてYAMATOの家と言うブランドをつくり上げられているかが

重要だという事を再認識させられる講話でした。

 

オーナー様ご家族が

「我が家はYAMATOの家でつくってもらった」

というYAMATOの家のブランドと誇りをもてるような

家づくりをしていかなければ!!

 

YAMATOの家 峯田



1 / 812345...最後 »
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.