YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

高さって大事!

今日はしっかりと家づくりのブログとさせていただきます。

 

何かというと、キッチンの高さ!

本当は違う分野のブログを書かなきゃいけないのですが、

昨日から決めてあったので強行突破!

 

三連休中もオーナー様ご家族が

キッチンのショールームに行かれていて報告書がきました。

フムフム・・・

この時に設計として大事なのはキッチンの高さ。

図面を書くために必要なのはもちろんですが、

本当にオーナー様ご家族にあっているかも確認しています。

 

なぜならキッチンのショールームって「靴を履いてみている」

これがやばいやつです!

靴を履いた状態でキッチンを決めると

実際に使う時にはキッチンの作業台が高く感じてしまうかも!

どんな靴を履いているかにもよりますが、

ショールームの時には靴の底のぶんだけ身長が高くなって

作業台が低く感じやすいんです。

でも実際に家でキッチンを使う時は「裸足」もしくは「スリッパ」

こうなると靴より身長が低くなって作業台が高く感じてしまう。

 

毎日使うキッチン。

オーナー様ご家族の身長はこれくらいだったな~

この高さならOKかな~

 

ちょっと気になったりするとオーナー様ご家族にも確認します。

今のお住まいの高さを基準で使いやすいとか

決めている時があるので要確認です。

 

キッチンの高さ・・・

なぜ、峯田が急にこんなブログを書きたがったか・・・

単純に私生活で見つけたらから・・・

息子が急に食器の洗い物を手伝ってくれるようになりました。

この写真を使いたかったという個人的な自己満足と、

その時には奥さんが食器を洗ってくれていたのですが、

なんだかちょっと腰が痛そうでした。

毎日・・・1日最低6回の洗い物。

ご苦労様というところから・・・

皆さんにもキッチンの仕様も大事ですが、

高さもちゃんと確認してくださいね♪

包丁とか、洗い物とか、フライパンを持ち上げるとか。

キッチンを見つつ、ちょっと使ったイメージしてみると

良いかもしれませんよ♪

ショールームにもスリッパが準備されているので

キッチンの高さを確認する時はスリッパに履き替えることがオススメ!

 

というブログと共に、ここで大事なお知らせ。

本日をもって誰が更新しているのか謎だった

「YAMATOのブログ」だけを停止させることとなりました。

さまざまな検討を行ったうえでこのような判断となりました。

今までご愛読いただき誠にありがとうございました。

 

もちろんYAMATOの家の3人

「哲生」「康香」「峯田」のブログはこれからも更新していきますので

引き続きよろしくお願いします。

 

YAMATOの家 峯田



2020/02/25
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.