YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

お食事中すみません!

お食事中もしくはお食事前の皆さんは

お食事が終わってからこのブログをできればご覧ください。

それでも見た方は自己責任で・・・

 

本日は朝から現地調査や地縄などなどで、

トータル6か所の敷地に行ってきました。

寒かった・・・

そしてハードスケジュールだった・・・

でもいろんな土地が見れた・・・

 

その中で最後に行った敷地。

そこで何を調査したかというと「浄化槽」です。

浄化槽とは簡単に言うと

トイレやお風呂、キッチンなどから流れてくる汚れた水を

浄化して道路の側溝や川などに流す設備です。

公共下水道が整備されている場所には

浄化槽というものがないかもしれません。

 

今回調べたのはどんな大きさの浄化槽か・・・

品番を確認するためには浄化槽を空けなければなりません。

そう、汚れてようが匂いがなんだろうが蓋をあけないと確認できない。

 

どんな大きさの浄化槽かをみるというのは

簡単な説明とさせていただきますが一般的な住宅の場合、

住宅の床面積130㎡以下の場合は「5人槽」という小さな浄化槽。

130㎡以上になるとちょっと大きな「7人槽」。

二世帯住宅など汚水を大量に処理する時は「10人槽」となります。

これらは処理能力に関わってきます。

 

これを確認するのも設計の家づくりには大事な事です。

蓋をあけて品番を確認して、ネットで調べるとちょっと古い品番だったので

メーカーさんに確認したところ「10人槽」でした。

 

設計・・・

事務所でぬくぬくと座っているだけではなく、

必要あらば土も掘り、浄化槽も開けて頭を突っ込むこともします。

 

お食事中にイメージさせてしまってすみませんでした!!

 

一級建築士 峯田



2019/02/08
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.