YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

恐ろしい方向転換・・・

2020年にある大事なこと。

東京オリンピック以外に、住宅の省エネ基準への適合義務化。

これをず~っと私のブログでも登場させてきて、

YAMATOの家も準備ばっちりですよ♪

そうやってお伝えしてきました・・・

 

が!!!!!!

 

まさかの恐ろしい方向転換が!!

新建ハウジングという業界のネットにて報道されました。

それは12月3日の国土交通省で行われた会議。

 

その場で起きたのが・・・

「省エネ基準の適合の義務化」

ではなくて!!

「省エネ基準に適合した家になっているかの説明の義務化」

 

そう、簡単に言ってしまえば、

どっちでもいいような内容になりつつあります。

 

今までは省エネ基準に適合していないと着工すらさせない!

という国の方針だったのですが、

今まで通りの寒い家をいくら作ってもいいから、

省エネ基準に適合していないことだけは説明してね。

こんなのり?

 

もし私がYAMATOの家の建築士でなく、

どこかしらの住宅会社さんの営業マンだったらこういいます。

「省エネ基準には適合していないけど、

今の家づくりは性能のいい断熱材も

ペアガラスもつかっているから

今まで住んでいる家よりは暖かいはずですよ」

この程度の薄っぺらい説明だけでいいんです。

たぶんこうやって家を売ることをするでしょう。

 

なぜこんなことがおきたか?

それは国土交通省いわく、

省エネ基準に適合した家づくりは

87万円/戸のコストアップにつながるらしい・・・

 

ということは、YAMATOの家づくりは

断熱に取り組んでいない会社さんより87万円高い

家づくりをオーナー様ご家族としていることになります。

 

そんなわけあるはずない!

 

そもそも87万円のコストアップというもとは

単板ガラスや複層ガラスを基準など

レベルの低い建材を基準としているらしい。

今や建売住宅でもLow-eガラス入れていることもあるのに。

 

石油ストーブにこたつ、ホットカーペットに

エアコンをフル活動!

こんなエネルギーを無駄に使ってその分いくら光熱費を払うの!

ただでさえ電気料金も燃料費もどんどん値上っているのに!

 

さらにいろんな建材メーカーさんも

断熱性の高い建材の需要があって、協力もしてくれているのに!

 

さらに寒い家にすんで、どれくらい健康リスクがあがって、

そのためにどれほどの医療費をはらうのさ!!

 

家って耐震だけがよけりゃOKかね!!

光熱費をたくさん払いつつ、健康を害するの?

 

まだまだ言い足りないけど、

長くなりすぎるのでまたの機会に。

そしてさらにこの分野で詳しい専門の皆さんから

発信される情報を収集してきます!!

 

ただ、2020年に国際社会では最低限のレベルだけど

ようやく国をあげていい家づくりに進むかと思っていましたが、

恐ろしい方向転換。

また日本の家づくりが耐震以外はず~っと取り残される・・・

 

一級建築士 峯田



2018/12/09
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.