YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

天井の趣

家だけでなく建築において天井はなくてはならない存在です。

室内はもちろん中間領域とよばれる、

外部のようで内部のような場所も天井があります。

いうなれば日本の建築だと「東屋」などがそれになります。

 

そんな中間領域にちょっと行ってきました。

三島大社の舞殿です。

慶応2年12月18日に再建された舞殿のようで、

もともとは神楽祈祷を行っていた場所が、

主に舞を奉納する場所になったため舞殿となったようです。

今では結婚式や祈祷、豆まきの舞台として使用されています。

 

そんな神聖な場所にちょっとうかがって・・・

ただ、頭を下げなければならないのに、

床の畳より、天井が気になってしょうがないのは

建築をやっている性でしょうか・・・

頭を下げるんですが視線は上に向かう・・・

 

なぜなら天井の趣が素晴らしいから。

「格天井」

はい!今なんて読みましたか?

「カクテンジョウ」や「コウテンジョウ」でしょうか?

正確にはなんて読むのでしょう~か♪

正解は・・・

「ゴウテンジョウ」

と読みます。

 

格天井は格子状に組まれた縁(格縁(ゴウブチ))に

天板をはったものが一般的に格天井と呼ばれます。

 

これをもっと格式ある形にバージョンアップさせたのが

大政奉還が行われたといわれる二条城の二の丸御殿の

一の間、二の間の天井「折上格天井(オリアゲゴウテンジョウ)」

格式も高いですが、今、この天井をやろうとすると価格も・・・

 

今日は上を向いて歩き続けたいけど、

建物ばかりが気になって360度見渡している

落ち着きのない峯田がお送りさせていただきました。

 

一級建築士 峯田



2018/10/23
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.