YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

夢ある建築・・・

私がこの世で見たい建築が2つあります。

それが「サクラダファミリア」と「落水荘」

特に落水荘は私が建築の中でも住宅と言う部分に

興味を抱いたきっかけとなった建築作品です。

設計は巨匠、フランク・ロイド・ライト。

日本には旧帝国ホテルが代表作としてあります。

私の心の中に常に存在している建築作品です。

 

もう1つのサクラダファミリアは皆さんもよくご存じの事でしょう。

アントニ・ガウディの設計した「今もなお建築中の作品」

海外旅行で訪れたことがある人も多い事でしょう。

ただ・・・

このサクラダファミリアが「違法建築」というのはご存知でしょうか?

まぁ、時代が時代、そして工期も工期。

1882年に工事が始まって完成予定が2026年。

予定工期が144年・・・約1世紀半ですよ・・・

それだけ長い年月かけてつくっていれば、

世の中も変わりますし、法律も変わります。

でも、なんと、ついに合法の建築になるみたい!!

そのための費用・・・

約46億8000万円・・・

これまたものすごい金額・・・

でも違法建築でなく合法になることも今の世の中重要な事。

そして、さらに素敵なのがその46億円8000万円の使い道。

年間400万人を超える観光客や地域のインフラ整備の財源に

することが決まったようです。

合法にしつつ、さらに素晴らしい建築を見てもらうための

整備に使うというバルセロナの素晴らしい取り組み。

建築と言う芸術への理解が深い国だからこそできることでしょう。

この夢ある建築というより美術作品なのでしょう。

 

そしてこの作品にある日本人が活躍されていることも

最後に知っていただきたいと思い紹介させて頂きます。

それが外尾悦郎さん。

サクラダファミリアに絶対に必要な彫刻家さんです。

今はサクラダファミリアの専任の彫刻家さん。

サクラダファミリアはすべての設計図があるわけではありません。

その時の時代背景やガウディの意思や思想、

そしてバルセロナの歴史や文化などいろんな情報をもとに

今もなおサクラダファミリアですばらしい作品をつくりあげている

彫刻家さんです。

すごいの次元を超えて尊敬しかない素晴らしい方。

 

そんあ夢ある建築作品が合法になったというニュース。

これをみて興奮しないわけがないのでブログでもご紹介させてもらいました。

 

一級建築士 峯田



2018/10/22
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.