YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
YAMATOのブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

下地の下地

下地と言うと、

あるものを完成させるために行う準備。

でもこの写真は下地の下地。

いうなれば準備の準備!?

よけい複雑ですね。

目的は完成のクオリティーを高めるためのこだわりです。

ゲジゲジしている部分をカットしていきながら・・・

マスキングがいらない部分を処分していくと・・・

あれ!?またまたあのお方が登場!!

よ~し、あとは下地をセットして、

あの職人さんに頑張ってもらおう♪

この工程も完成してしまうと分からなくなる部分なので

ご紹介させて頂きました。

おめでとうございます!!

お客様からメールにてご出産のご報告を

昨日いただきました。

飯塚からメールでご返信させていただいたのですが、

新しい命の誕生っていいものですね♪

お客様とは営業時間のお問い合わせからでした。

17時以降も対応してもらえますか?

そんなメールからでした。

そして翌日の夜にYAMATOの家と初めて出会ってくださいました。

いろんな会社さんを見てまわっていたはずが・・・

あれっていう間にYAMATOの家とじっくり打ち合わせ。

いつも笑顔で優しい雰囲気のご夫婦。

そうこうしていたら奥さんのお腹がドンドン大きくなってきた!!

それでも見学会などにも足を運んでくださって・・・

無事にご出産おめでとうござます!!

これからの打ち合わせにはもう1人参加!!

楽しみにしています♪

まずはご出産で体力を使った奥さんを休ませてあげてください。

そして新しい家族との大切な時間を堪能してください。

そしてまたYAMATOの家とのお打ち合わせよろしくお願いします!!

私たちも幸せのおすそ分けをもらったので、

皆さんにも幸せのおすそ分けご紹介させていただきました。

 

断熱工事

今日はYAMATOの家のノウハウの一部を

お見せしちゃいます。

YAMATOの家では断熱材を2種類使用しています。

セルロースファイバーと現場発泡。

YAMATOの家の見学会にご来場いただいた方はポップなどで

なぜこの断熱材を選んでいるかはご説明させて頂いております。

その辺はまた峯田にブログで紹介してもらいます。

そして、この2種類は家ごとに変えている時もありますが、

1棟の中で変えている時もありまります。

それがこの写真。

壁断熱はセルロースファイバー。

天井断熱は現場発泡。

いろんな意味があってこの方法をとっているのですが、

プロは知っている。違う断熱材を一度に施工する事のむずかしさ。

その理由は2つの断熱材が隣接している部分。

セルロースファイバーを先に施工して、

現場発泡をその後に施工しています。

そうすることで、壁は全てセルロースファイバーが

きれまなく充填されています。

そして施工した直後に密着する特徴を生かして

気密性と断熱材の連続性を確保するために

現場発泡を最後に施工しています。

断熱材の欠損をなくし、気密性を確保するために必要なノウハウ。

YAMATOの家づくりでは当たり前なので

家づくりに関わる職人さんが

この施工方法の重要性と必要性をしっかり理解してくれている。

真似してもいいですよ♪

まだまだいい家づくりに必要なノウハウがあるので♪

さすが職人さん!

こちらの家づくりにも

いよいよお風呂が登場しました!

室内で一番最初に仕上がるものが、実はお風呂。

職人さんがモゾモゾしながらユニットバスを

設置してくれていました。

ってこの当たりはFacebookで良く紹介しているので

飽きてしまっているかもしれませんね。

でも今回、現場を見てYAMATOの職人さん、さすが!

写真でも気が付きましたか?

作業の傍らには白い工具・・・

そう、「掃除機」

やっぱりメーカーは「マキタ」

腕が素晴らしい事も大切ですが、

オーナー様ご家族の家を

大切にしてくれるその気持ちがとても大切です。



1 / 812345...最後 »
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.