静岡県御殿場市を中心に総合建設業を展開中 【大和建設株式会社】
ライン
 

日日是好日│大和建設株式会社


2018/10/06   第30回御殿場市社会福祉大会

御殿場市民会館大ホールにて、社会福祉事業に功績のあった方、

貴重な金品を寄付された方、継続して献血に協力をした方々に

対し表彰がおこなわれました。

 

大和建設株式会社は御殿場市長より感謝状を賜りました。

また、静岡県共同募金会会長より感謝状を賜りました。

 

さて、御殿場市民憲章は

一、郷土を愛し、さわやかな緑のまちをつくります。

一、進んできまりを守り、安全で住みよいまちをつくります。

一、教養をたかめ、文化のあふれるまちをつくります。

一、たがいに助け合い、明るいまちをつくります。

一、心身をきたえ仕事にはげみ、豊かなまちをつくります。

と定めています。

 

世の中が急速に変化する中、今自分が出来ることはあるの

だろうかと立ち止まって考えたとき、難しく考えるのではなく

相手の立場に立って自分を置き換えて対処すると

何をすべきか答えが見えてきます。

どんな小さなことでもいい。そこに沢山の笑顔が集います。

そんな御殿場市民に皆がなったら人と人の絆が生まれ

安心・安全住んで良し御殿場になると思います。

この福祉大会が社会福祉充実に向けた啓発になることを願っております。

ありがとうございました。皆に感謝です!


ライン

2018/09/17   敬老の日

今日は「敬老の日」です。

日本人の平均寿命は2017年女性87.26歳、男性81.09歳となりました。

70歳以上が2618万人、総人口の20.7%を占め、

国民の5人に1人に相当する割合を初めて超えました。

高齢者(65歳以上)は3557万人となり過去最多を更新しました。

そのうち女性が2012万人台で男性の1545万人を大きく上回りました。

高齢者の割合は過去最高の28.1%です。20年後の2040年には

35.3%まで上昇する見通しで長寿化は放置できない切迫した問題です。

 

社会保障制度の見直し、医療制度の改革、働き手確保など超高齢化社会への対応が急がれます。

100歳人口も増加傾向にあり、人生100年時代も夢ではなく現実となりつつあるから驚きです。

政府は少子高齢化と人口減少が進む中、健康で働く意欲のある高齢者には働き続けて

社会の担い手になってほしいと公的年金の受給開始時期を70歳を超えても選べるとしていますが、

加齢による体力や能力の衰えに伴い、高齢者が従事できる仕事は限られているのではないでしょうか。

また、雇用者側も安全で安心して働ける環境の整備をしなければならず、課題が残ります。

国が国策として早急に取り組まなければならないと思います。

 

今、80歳まで健康を維持し、社会の担い手になっている高齢者はどのくらいいるでしょうか。

多くの高齢者は家族と暮らすのではなく、介護施設や老人ホームの世話になり

老後を送っているのではないでしょうか。

社会に出て馬車馬のように働いてやっと楽ができると思ったとき、体は動かず社会の片隅に置かれ、

気が付けばベッドに横になった自分がいる。

それが今の日本の国の高齢者の構図のような気がします。

なんとも悲しい現実ではないでしょうか。

 

私も高齢者の仲間です。体力の続く限り80歳まで現役でいようと思っています。

頭を使いパソコンは使いません。手紙もペンか毛筆で書いています。

生きがいは孫の成長と愛犬メリーと花壇の手入れです。

自分の終の棲家は自宅と決めています。

自分の意志は子供達にも伝えてあるので安心して老後を過ごすことができそうです。

それには子供達に迷惑をかけないよう心も体も健康で生きなければと思っています。


ライン

2018/09/16   樹木希林さんの死去に想う

飾らない。おごらない。抗わない。

強烈な個性と演技力でテレビドラマやCMなどお茶の間の人気者で愛され、

数々の映画に滋味を与えた樹木希林さんが死去しました。

まだ75歳、もっともっと生きていて欲しかったです。

(画像は静岡新聞より)

 

私生活で「離婚はしない」と法廷で争ったときは

「変人とは別れた方がいいのに」と思いました。

その後テレビの前で内田裕也さんの話を聞かれると

「別居でもあの人がいることが私にとってはいい重しなの。

2人にとってはちょうど良い距離だった」と穏やかな表情で

答えていたことが思い出され、こういう夫婦のもありなんだなと納得しました。

 

2003年網膜剥離で左目を失明し、翌年には乳がんが発覚。

13年の日本アカデミー賞授賞式の壇上で「全身ががんなので」とさらりと告白し皆を驚かしました。

「病気一つが気付きを与えてくれるなんて素晴らしいことじゃない」と

病を受け入れ共に生きていた強い人間だと思います。

「『いつでもあざなえる縄のごとし』でね。成り行きできました」と

にこやかに語っていた希林さん。

老いも死も疎まない超然とした生き様に敬服しかありません。

私も見習いたいです。


ライン

2018/09/11   社会福祉法人 中央共同募金会から礼状が届きました

さる8月17日、御殿場市福祉協議会の窓口へ心ばかりでしたが「平成30年7月豪雨災害義援金」を届けました。

本日、その義援金に対し社会福祉法人 中央共同募金会より礼状が届きました。

とても嬉しく思いましたので、私の思いを伝えようと思います。

 

私は幼い頃から「困ったときはお互い様だよ」と両親から日常聞いて育った昭和の古い人間です。

終戦後の食糧難の時代、田舎の私の家には親戚が身を寄せていて

私と同年輩の子供が沢山いる大家族でした。

母は食べ盛りの子供たちを前に「文句は言わない。黙って食べなさい。

困ったときはお互い様だよ」と私の顔を見て滾々と言い聞かせました。

私に対しては特別に厳しい母でした。

そのおかげなのかな?私の身長は伸びずじまいでとても小さな女の子でした。

 

向こう三軒両隣町内では、砂糖・味噌・醤油・お米・薬などの貸し借りは当たり前でした。

お金を借りに来る大人もいましたが、父は「金は天下の回りもの。いつかは戻ってくるもんだ」

と言っていました。私にはとても優しい父でした。

今振り返ると、当たり前の日常の中に倫理という学びが沢山あるのだなと感じます。

 

『他人が困ったとき、見て見ぬフリは駄目。今、自分にできることをすればいい。』

 

その思いで初めて、新潟地震で被災した小学校に手紙を書きました。

1か月後、5年生の私に小学5年生の男子生徒からお礼の嬉しい便りが届きました。

以後20歳までお手紙だけの交流でしたが、心ときめく青春時代を送ることができました。

彼は外交官を目指すと言って大学に進学しましたので、立派な社会人になったと思います。

 

今、世の中はテロの恐怖や天災の恐怖に、穏やかな日常とはかけ離れた日常を強いられています。

決して他人事ではない、いつ我が身に起こるかわからない不安と恐怖。

だからこそ、「お互い様の精神」を持たなければいけないと思うのです。

被災した人々に今の自分にできることをすればいいと思うのです。

 

私は人間の喜ぶ顔が好きです。笑顔が好きです。

これからも少しでも手助けできることがあればやっていきたいと思っています。

被災者の皆様に寄り添って一日も早い日常が取り戻せることを願っています。

礼状をいただき、ありがとうございました。


ライン

2018/09/06   北海道厚真町を震度7の地震が襲う

2018年9月6日午前3時8分ごろ、北海道厚真町を最大震度7の地震が襲いました。

震度7は熊本地震以来6回目、北海道では初めて経験する大きな地震に

市民の皆様は困難な生活を強いられていると思うと心が痛みます。

(静岡新聞より抜粋)

 

気象庁は今回の地震を「平成30年 北海道胆振東部地震」と命名しました。

今なお安否不明の方々の救助に全力であたっている警察自衛隊の活動は

市民の皆様には何よりも心強い力となっています。

地震の予知ができない現実に我々はなすすべもありません。

津波の恐怖をまざまざと見せつけられた3.11はまだ記憶に新しいかと思います。

以来、繰り返される自然災害は昔とは規模が違っています。

津波、山崩れ、突風、落雷、竜巻など、自然災害の置き土産はあまりにも悲惨です。

人間として悪さをしたわけでもないのに、善良な市民の命が一瞬にして奪われる現実は

あまりにも理不尽です。

(静岡新聞より抜粋)

 

私の知人が北海道にいます。

電話もつながらない、もしやと不安がよぎりました。

その後やっと電話がつながり、無事だとわかりました。

「生きていてくれてありがとう!」と思わず言葉が出ました。

 

災害はいつどこで起こるかわかりません。

生きるも死ぬもその人の運命で誰にもわかりません。

だから私は、今を一生懸命で生きようと思います。

生きていれば、自分にもできることがあると思うからです。

地震で亡くなられた41名の尊い命、心からご冥福を祈ります。


ライン

2018/09/06   平成31年度 倫理法人会辞令交付式

平成31年度 倫理法人会辞令交付式が静岡

グランディールブケトーカイにて250名の

新役職者が参集して盛大におこなわれました。

御殿場倫理法人会からは会長をはじめ新役職者7名が

参加し辞令を受けました。

静岡倫理法人会 会長 影山 伸和氏はあいさつの中で

活力・体験・育成に役職者が積極的に取り組むことが重要であり

「実践人」であり続けようと話されました。

 

私自身はもう引退する年齢でありますので、次の世代を担う

若い実践人を育てることが私に課せられた責務だと感じていますので

縁の下の力持ちでいいではないかと思っています。

 

御殿場は元気な益山会長がいます。

「明るく、楽しく、元気よく」を合言葉に、若い経営者が倫理を通して

人間として成長できる環境づくりをしながら、一年間全力で走ろうと思います。

皆様の足手まといにならないよう心がけますので、よろしくお願い致します。


ライン

2018/08/20   お帰り、母の胸に

山口県周防大島町で行方不明となった2歳の男の子・藤本理稀(よしき)ちゃんが

3日ぶりに山中で無事保護され、今日退院しました。

 

(静岡新聞より抜粋)

 

発見までの3日間、2歳の子供にとって山中の68時間はどんなに不安で厳しく

過酷な状況であったのか想像に絶するものがありますが、

2歳だからこそパニックに陥ることなく無事に生きて発見されたという心理学者もいました。

 

理稀ちゃんを、山中で捜索からわずか30分で発見したボランティアの尾畠春夫さんは

「子供は山の上に登って行く習性があると思って捜索に参加した」

と話していましたが、ボランティア精神のすごい人だなぁと感心しました。

とても真似のできる事ではありませんね。

発見できて本当に良かったと思います。奇跡だと思いました。

 

私は理稀ちゃん自身が幸運の持ち主なんだろうと、

それが理稀という名前に強く表れているような気がしています。

手を振って退院する理稀ちゃんが、母親に抱かれていても

どこか不安そうな顔が垣間見られましたので少し心配ですが、

2歳の子供の記憶には残らないだろうとのことでしたので一安心ですね。

 

これからは大人の責任で理稀ちゃんの心のケアを

しっかりやって欲しいと切に願うばかりです。

理稀ちゃんの成長が楽しみです。頑張れ、理稀ちゃん!


ライン





バックナンバー

2018/10/06  第30回御殿場市社会福祉大会

2018/09/17  敬老の日

2018/09/16  樹木希林さんの死去に想う

2018/09/11  社会福祉法人 中央共同募金会から礼状が届きました

2018/09/06  北海道厚真町を震度7の地震が襲う

2018/09/06  平成31年度 倫理法人会辞令交付式

2018/08/20  お帰り、母の胸に

2018/08/15  平成最後「終戦の日」

2018/08/03  ばーば 20歳の誕生日会

2018/07/31  夜空彩る狩野川花火

2018/07/26  アゲハ蝶が舞う

2018/07/07  優和11歳の誕生日

2018/07/01  メリーと散歩

2018/06/17  メダカの学校が始まりました。

2018/06/08  愛犬メリーの夏カット姿

2018/06/02  優和の三行詩

2018/05/21  逆富士が見えたよ

2018/03/11  東日本大震災7年を迎えて

2018/03/01  新入社員の紹介

2018/02/20  3年目を迎えた「ふじのくに健康事業所」健康宣言

2018/02/19  日本平動物園に若きゾウを

2018/01/31  使用済み切手 お礼の手紙(2)

2018/01/25  インターンシップ受け入れ(2回目)

2018/01/09  年頭のごあいさつ

2017/12/31  ヒヨドリの食事

2017/12/25  歳末たすけあい運動

2017/12/20  飲料自動販売機から「緑の募金」活動

2017/11/14  大和建設(株)会社設立33周年を記念して

2017/09/26  緑のカーテンコンテスト

2017/08/17  季節の訪れ

2017/08/12  一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

2017/08/10  沢山収穫できました!

2017/06/10  我が家の小さな作家さん

2017/05/30  平成29年度御殿場市優良工事表彰

2017/05/12  「うぐいす」と「実父」

2017/04/29  御殿場市花壇コンクールにおいて奨励賞を受賞!!

2017/04/04  いのちを守る森づくり

2017/03/25  「語り部」佐々木奏太さんからメールが届いたよ!!

2017/03/11  東日本大震災から6年を迎えて

2017/02/18  ヒヨドリの置き土産

2017/02/11  5日遅れの墓参りと河津桜

2017/01/17  静岡県ボランティア協会よりうれしい便りが届いたよ

2017/01/06  年頭のご挨拶

2017/01/01  2017年 元日に初日の出と初参り

2016/12/28  一年を振り返って

2016/12/25  真っ赤な万両の実

2016/10/03  メリーがお手をしたよ!

2016/10/01  恩師と54年ぶりに再会して

2016/09/30  敬老の日

2016/09/11  『大和の花』のひとりごと

2016/08/10  会社の花壇と昆虫

2016/08/08  緑のカーテンにカエルのゆりかご

2016/08/03  孫に囲まれ楽しい誕生日会

2016/07/28  7月のメリー

2016/07/17  優和とカブトムシ

2016/07/07  孫の優和 9歳の誕生日

2016/06/19  6月の愛犬メリー

2016/06/16  沢ガニ発見!!

2016/06/16  一期一会の出逢いを大切にして

2016/05/31  5月の愛犬メリー

2016/05/16  西部ドーム バラ博

2016/05/12  原里中学校グランド造成『完成を祝う会』に招かれて

2016/04/07  入学のお祝いに

2016/03/11  震災を振り返り思うこと

2016/02/16  春がきました!

2016/02/05  レゴブロック

2016/01/06  南伊豆~東伊豆旅行

2015/12/13  長島ダムへ

2015/12/11  京都旅行

2015/11/05  バラとメリーちゃん

2015/10/16  ごてんば線まつり

2015/10/08  メリーちゃんと

2015/10/02  校区祭にて

2015/09/09  メリーちゃん

2015/08/10  お誕生日会

2015/07/19  花の都公園とメリーちゃん

2015/06/08  ほっこりなおはなし会

2015/05/18  房総の旅とメリーちゃん

2015/04/15  亡き父とうぐいす

2015/03/24  春の彼岸

2015/03/17  うぐいすに想う

2015/03/16  ふきのとうとメリーちゃん

2015/03/03  倫理法人会懇親・ボーリング大会

2015/02/12  富士山

2015/02/09  メリーちゃん

2015/02/05  大好きな言葉

2015/01/10  2015年のお正月

2015/01/01  元旦

2014/12/28  門松

2014/12/12  メリーちゃん

2014/11/25  昇仙峡へ

2014/11/20  弟へ

2014/11/07  花壇の植え替え

2014/10/21  富士山初冠雪

2014/10/13  大和建設のお花たち

2014/09/27  第31回ふれあい広場

2014/09/22  平成26年優良安全者表彰

2014/09/03  収穫祭をしました

2014/08/14  間もなくスイカ収穫です!

2014/07/09  大きくなりました。

2014/06/10  野菜とフルーツを育てています。

2013/11/14  大和建設のお花たち

2013/09/04  大和建設の花壇

2013/08/02  倫理経営公演会に参加して

2013/05/08  メリーちゃんの納骨を終えて

2013/05/02  サッタ峠・ハイキングへ

2013/04/08  メリーちゃん

2013/02/13  大和建設の花壇






AED(自動体外式助細動器)設置しました。
大和建設株式会社は環境保全活動に参加しています・エコアクション21
◇エコアクション21の認証・登録証は
コチラからご覧になれます。
大和建設株式会社・社長ブログ・日日是好日
TOPページ個人情報保護方針コンプライアンスポリシー サイトマップ