YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
YAMATOのブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

羽切徹の現場レシピ 第二章

「我が家に価値を」シリーズ 第一巻

 

みなさん、おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

 

今回はYAMATOの家代表、飯塚が口うるさく言う

「我が家に価値を」についてを現場レシピとコラボで

具体的にかつ分かりやすくお伝えしたいと思います。

 

早速ですがこの違いわかりますか?

t02200196_0700062513469321945

t02200165_0800060013469321947

写真では到底分りません。同じです。

そう!同じに見えて同じでない。

 

施工事例写真では分からないこの違い、単刀直入に言いますと。

本物と偽物の違いです。

 

どちらが本物でどちらが偽物かわかりましたか?

においを嗅ぐとすぐわかります。

 

では、偽物が悪いのか?というと、そんなことはありません。

もちろん、こっちの方がいいと言われる方もいます。

では何が悪いのか、本物を使える価格を頂いているのにもかかわらず、

偽物を使う根性が、管理者として許せない!

なぜか?

 

本物は朽ち果てない!

偽物は朽ち果てる!

 

安く買ったつもりが、結局は高い買い物に・・・なんてことになりかねない!

これに限らず、住宅建築に携わる監督さんであれば使う素材の良し悪しは誰でも知っていること。

でも、住まい手さんは知らないことが多い、みなさん一生に一回ですからね、

何がよいのか何が悪いのか

分からないことのほうが多いと思います。

 

安心してください!写真履いてますよの

羽切徹の現場レシピと我が家に価値をシリーズを全巻ご愛読いただくと、

今ならいい家がついてきます。

それでは次回もお楽しみに。

 

本物は時がたつほど美しい。

・・・・・・・・・・・・・   YAMATOの家  現場レシピ著者 羽切徹   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【笑顔】をありがとうございます

皆さん、おはようございます!こんにちは!こんばんは!

先日は今月に内覧会を行わせていただいたオーナー様のお引渡しがありました!

 

私にとって、YAMATOの家での初めてのお引き渡しでしたチュー

お引き渡しはオーナー様にとっては一生に一度!

新しく住まうお家の始まりでもあります。

 

これからがスタートです!!

その初めの一歩としてお引き渡しが思い出になれば嬉しいですチュー

YAMATOの家でこれからたくさんの思い出を築いていっていただきたいですおねがい

 

オーナー様、本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!

 

オーナー様の笑顔のために!

断熱材…大事なのはきちんとした施工

皆さん、おはようございます!こんにちは!こんばんは!

 

今回は断熱材について書きたいと思います!

断熱材は完成した住宅の中が快適に暮らせるかどうか…快適に暮らすための

大事な要素の一つとも言えます。

 

断熱材にも種類は多くありますが、よく聞くところで言うと、ロックウールや

グラスウールなどではないでしょうか?

市販で売っていたりしているので、見たこともあるかもしれませんねニコニコ

これらのものも性能はしっかりしているので、使用されていても問題は全くないのですが、

性能をしっかり発揮するためにはきちんとした施工がされてなければなりません。

 

断熱材は外壁と内部の仕上げ下地(一般的には石膏ボード)の間の空間に詰めるものなのですが、

グラスウールやロックウールなどは筋交いなどが入っているとなかなか施工が難しく、

その施工をあやふやで行ってしまうと性能を100%発揮することが難しくなってしまいます。

 

YAMATOの家では、そのような不安を抱かないでも済むよう、発泡ウレタンの吹き付けや

セルロースファイバーの吹き込みと言ったような隙間のないよう壁のなかに

ガチガチに断熱材を吹き付け、吹き込むものを使用しています!

 

ただし、こういったものでも、隙間があったり、吹き込みが不十分であれば性能は発揮されません…

ただ、隙間があったり吹き込みが不十分かなど、確認はわかりやすく目に見えるので、

一般の方が見てもわかりやすいのではないでしょうか?

o0480036013465741461

例)セルロースファイバーを使用した状況

 

また、家を丸ごと囲うように施工するので、外部と接している面全てに断熱材が入っています爆笑

断熱材は仕上がってきてしまうとわからなくなってしまいますが、住宅において大切な要素の一つです!

どの断熱材もしっかり施工されていればきちんと性能を発揮します!チュー

 

しかし、後々隠れてしまい見れなくなってしまうので、施工店を信じるのはもちろんいいことですが、

住んでからでは見ることができないので、皆さんの目で見てみるのもいいかもしれません口笛

 

皆さんの1つの参考になれば幸いです。

間接照明とLED

こんにちは!

今日は照明について少し書きたいと思います。

 

今、LEDが一般的になりつつあるかと思います。

が、なかなか買い替えるタイミングがなければ、買おうと思うことも少ないかもしれませんね。

 

しかし、LEDがではじめた頃に比べると価格も下がってきていて、お求めやすくなってきたと思います。

なぜ、こんなことを書いているのか?

と思われるかもしれません。

 

それは・・・

o0480036013462808768

電球が切れたらどうやって替えるの?

 

この写真は吹き抜けのしかも、間接照明部分を撮ったものなのですが、

そんなこと疑問に思ったことはありませんか?

 

YAMATOの家でも、吹き抜けを作ることは多くあります。

そんな時、1つの疑問が思い浮かぶかと思いますが、安心してください!

YAMATOの家では、建ててからのこともしっかり考えていますウインク

 

LEDのメリットとして、長寿命というのはよく知られていると思いますが、

どのくらいもつものなのか知っていますか?

 

4万~6万時間程もつと言われています。

 

蛍光灯ですと、6000~12000時間程度ですので、

どれだけ長寿か分かりやすいですね。

 

手に届く範囲であればまだしも、写真のような吹き抜けの高いところや

間接照明など、手の届きにくいところなどの照明が切れたら、

取り替えるのに大変ですよねガーン

しかし、ざっくり1日10時間の使用でもLEDなら10年はもちますよね爆笑

YAMATOの家では、オールLEDで進めさせていただいています。

 

照明について簡単にでしたが、もしこれから照明の買い替えや電球の交換などを

お考えになられていたら、1つの参考にしていただけたら幸いです爆笑



1 / 212
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.