YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
飯塚のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

仕入れについて。続。

以前に個人ラーメン店と題してブログを書きましたが、

その続きです。

仕入れ価格についてです。

今回はさっぱりと言わせていただきます。

 

仕入れ価格については、大量消費の製造ラインを止めることなく動かすため、

各資材メーカさんは大手住宅メーカーさんだけでは、ラインを維持することが難しく、

地場大工さんにまで営業を行う時代となりました。

 

また、受注量の少ない工務店は、高額で取引されるので

資材メーカーさんから見ると、とても良いお客様です。

全国一律価格で出せばこんな事にはならなかったのに・・・・

 

私は以前より、全国工務店の共同仕入れに参加をさせていただいておりました。

年間20棟前後の工務店さんが150社ほど集まり、

建材メーカーさんと交渉すると言う集まりです。

 

確かに安い。

 

が、しかし

資材メーカーさんも黙ってはいない。

ビルダー用商品を作り価格に対応。

 

例えば、ビルダー用キッチン。とてつもなく安いです。

どのメーカーでも、ビルダー用は同じようなものです。

造り手の熱が何も入っていない。

 

ただ、価格だけクリアーした品物。

すぐダメになります。

少なくとも僕らが標準としているキッチンに比べると。

見た目あまり変わりません。

後に高いものへ変わります。

 

キッチン一つとってもこのありさま、本当にオーナーの事を

思って作っているのか?

量産型は造られていないのが本当。

 

今回はキッチンを例にあげると、どこが良いのか?

ズバリ、

 

クリナップ クリンレディ。

 

タカラ ホーローキッチン。

 

注意しましょう!

 

クリナップもタカラも量産型は出しています。

見た目わかりません。

 

もっと良いキッチンはあるのですが、メーカーさんが力を入れて造り

本当に良いと思い、価格も比較的頑張るキッチンはこの次です。

 

価格の話になると、すぐに量産型が登場しますが、僕は使わない。

オーナー様に、

「こちらと比べると、すぐに壊れてだめになりますが、これを使っていいですか?」

と、言われるオーナー様の顔を見るのが嫌だから。

何も言わないのは例外です。

 

まずは自分たちが努力する。

オーナーが諦めるのではなく、私達が諦めない。

 

私達のような小さな会社でも、量産金額を知り、

大量仕入れの価格を知っていれば、確実な底値がわかる。

物を作るのにかかる費用が分かれば、お客さまに適正な価格で

最もよいものを、お届けすることができる。

大量消費の時代はもう終わりに向かっていると思うのです。

 

次は最も高い買い物。「安心」について考えたいと思います。

日曜日

本日、日曜日は現場はお休み。

何か少し緊張がほぐれる日でもあります。

 

こんな静かな日は、プランに集中。

 

と、

 

お打ち合わせ。

 

年末まで休み無しだな。

よーし!がんばるぞー

 

一生をかける家づくり、全力で受けとめます。

楽しみな1ヶ月点検。

今日は、お引渡しでした。

すっごく嬉しい事をオーナー様からしていただきました。

すっごい嬉しい。

 

この気持ち忘れてはいけないなー

 

忘れてはいけない気持ちをまた一ついただきました。

本当に嬉しいと、嬉しいとしか思い付かないもんだな。

 

そして、今月お引渡し後1ヶ月を迎えるオーナー様の1ヶ月点検が来週あります。

すごく楽しみ。寒くなってきたし。

住み始めてのご感想も聞いてみようと思っています。

出来れば完全ノーカットで1ヶ月点検動画を取りたい。

 

オーナー様からOKが出たら・・・

 

来月は、6ヶ月点検のお家が2家と、1年点検のお家が1家あるなー

今日のお家の1ヶ月点検もだな。

 

安村。もとい羽切監督、準備は大丈夫ですか?

この1ヶ月点検の続きは来週動画アップします。

OKが出たらですけどね。

 

それにしても、今日は本当に嬉しかった。

建築、家造りって、本当に好きだなー。

前に書いた内容です。

前に書いた一部です。 ↓

 

楽しい家づくり②

前回よりもさらに詳しく書いてみます。

 

例えば、2,000万円でお家をお願いしたとします。

そう!この瞬間。1,800万円になります。

 

200万円は?と言うと、

ショールーム費用・イベント費用・パンフレット・ラジオ・CM

こんな感じで一瞬で無くなってしまいます。

と、

こんな感じで書いたので、YAMATOの家は何に使うのかと言いますと。

 

脱!サイディング。

 

10年単位で補修工事が必ず必要で、最終取り換えが必要だから。

 

脱!アルミサッシ。

 

室内の熱を逃がし、冷たい外気を呼び込み、冬の光熱費がとんでもない金額となるから。

 

脱!結露。

 

万病の元。みんな嫌がるから。本当は家にも人体にも、最も怖い現象。

 

脱!カラーベスト。(屋根材)

 

湿気に弱く、苔が生えやすく朽ち果てる。雨を呼び、家をだめにするから。

 

脱! 消費型住宅。

 

誰でも消費型住宅は嫌だと思っている。

だけど知らないとか、予算とかの関係で諦める。

消費型住宅の王様は、ショールーム。

朽ち果てない、不変なデザインのショールームならまだいいな。

それならほしい。

 

脱!ガマン。

 

誰もがメンテナンスのかかりにくい家に住みたいと思っている。

誰もがあったかい家に住みたいと思っている。

誰もがいい家に住みたいと思っている。

 

当たり前に建築屋がやる、最低限のことでしょ!

だって、オーナーさんは知らないのだから。

 

そうでなければ、先に説明する義務がある。

建築はプロの世界。家はプロが造るものだからです。

と、

いつも心に思っていることを爆発したくなる時があります。

 

面と向かって出来る家づくりをこれからも貫こう。



1 / 41234
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.