YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
根上のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

大切な家族

日中は、だいぶ暖かくなって来ましたが、

早朝や夜間はまだ肌寒い日が続いています。

 

インフルエンザも流行しているので、

体調管理には十分お気を付けてお過ごし下さい。

 

今回は、私の大切な家族の話をします。

 

とある冬の日、祖母がトイレへ行くために部屋を出ましたが、

なかなか戻って来ない事を心配した家族が様子を見に行くと、

トイレの入り口付近で「頭が痛い」とうずくまっていたそうです。

 

直ぐに救急車で運ばれ、一命は取り留めましたが、

その後は寝たきりの状態が続きました。

 

祖母の家には頻繁に会いに行ける距離ではなかったため、

実際に会いに行けたのは病院を退院してからかなりの

日数が経過した後でした。

 

私が「おばあちゃん、分かる?」と訊ねても応答がありません。

 

もう一度、祖母の目を見て訊ねるとしばらくして「誰ですか?」と言う

力の無い言葉が返って来ました。

 

元気だった頃、帰り際に「また遊びにおいで」と

笑顔で見送ってくれた祖母が、次に再開した時は

私の事も思い出せないようで、本当にショックだった事を覚えています。

 

そこで、原因として考えられるのは、暖かい場所から気温の低い場所へ

移動した事によって急激な温度差が生じ、ヒートショックと呼ばれる症状を

引き起こしたのではないでしょうか。

 

私は福祉住環境コーディネーターとして、家庭内事故を予防するための

住環境について、YAMATOの家で毎月下旬に発行している

『YAMATOだより』や、ブログなどでご案内させていただく事があります。

 

祖母が倒れた時は、福祉住環境に関する知識がなかったので、

あの時、私が何か力になる事が出来ていれば、

今も元気でいてくれたのかな?と思いました。

 

特に温度が低い、浴室(または脱衣所)や、トイレなどは注意が必要ですが、

身近な対策として小型の足元用ヒーターを設置する事や、

湯船のお湯張りをシャワーで行う事などがあります。

 

冬のヒートショックに限らず、夏の熱中症などにも注意が必要ですので、

ご年配のご家族と同居されている方、また、離れて暮らしている方も

大切なご家族の事をぜひ気に掛けていただき、すべてのご家族が健康に

暮らせるよう、生活環境を見直してみてはいかがでしょうか。

違った風景

先日まで沼津市にて完成見学会を開催していましたが、

会場周辺でも桜が咲いていて、春の陽気に近づいた

印象があります。

 

桜と言えば、静岡県では河津町の河津桜まつりが有名ですが、

全国的に有名な桜の名所の一つに、青森県の弘前城があります。

 

私も何度か見に行った事がありますが、とても綺麗で、

その規模にも圧倒されました。

 

ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、

現在、弘前城は石垣の修理を行っており、大規模な工事は実に

100年ぶりで、完了までに10年も掛かるそうです。

 

国の重要文化財に指定されている弘前城をそのままの状態で

移動させるために、曳家(ひきや)と呼ばれる建築工法で作業が

進められていて、リフォーム関係のTV番組などでも目にする

事があります。

 

移動したお城が元の位置に戻るまでは、いつもと違った

貴重な風景が見られると思いますので、写真を撮るのが

好きな方や、旅行好きな方は、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

次に同じ景色が見られるのは、また100年後かも知れません。

 

今の季節はまだ雪が降っているので、4月下旬~5月上旬が

桜の見頃となるようです。

 

機会があれば、私も工事期間中に見に行きたいと思います。

完成見学会

2月20日(土)から5日間に渡り、沼津市にて

開催して参りました『YAMATOの家』完成見学会が

本日、終了しました。

 

開催期間中は、たくさんのお客様にご来場いただき、

誠にありがとうございました。

 

ご来場いただきましたお客様からは、

「見学会チラシに『おじいちゃん、おばあちゃんち。』と

書いてあったので見に来ました。

 

お施主さんが同年代の方のようで、私の理想としている

イメージにとても合っていました。」

 

「実際に建っている新築の家を間近で見れて

とても参考になりました。

私だったら、ここに○○を置いて、この部屋を

○○に変えてと言う風に、家づくりを考えるだけで

本当にワクワクしますね。」と言うようなお声を

いただきました。

 

また、バリアフリーに配慮した住まいと言う事もあり、

私も福祉住環境コーディネーターの視点から、一部の

お客様にご案内をさせていただく機会がありました。

 

各室内の温度差によって生じる健康被害に対する

問題や、高い断熱性能を誇る樹脂窓の重要性、

o0800045013576267170

また、花粉症の季節と言う事もあり、アレルギー対策にも

効果が期待出来る、シラス壁のご説明には

とても興味をお持ちのようでした。

 

ご家族、また、ご自身の将来を見据えた家づくり。

皆様もぜひ、参考にして下さい。

ありがとうございます。

沼津市にて開催中の『YAMATOの家』完成見学会

第3日目が終了いたしました。

 

少し肌寒い一日となりましたが、ご来場いただきました

多くのお客様、誠にありがとうございました。

 

引き続き、24日(水)までの開催となっておりますので、

ぜひお気軽にお越し下さい。心よりお待ちいたしております。

 

過去の見学会も含め、YAMATOの家の完成見学会に

ご来場いただいたお客様から「外観が凄いおしゃれ」「外観がかっこいい」

と言う、外観についてのお言葉をいただく事があります。

 

一方、私の外観…いえ、外見についてはおしゃれでもかっこよくも

ありませんが、新築には出来ませんし、リフォームも無理です。(笑)

 

最近になって私の雰囲気と言いますか、見た目について言われる事が

何故か多くなったので、ランキング形式で発表したいと思います。

 

第3位 大人しそう

これはほぼ合っていると思いますが、大好きなカラオケでは

マイクを握るとそのイメージが崩れ去る事が多いです。(笑)

 

第2位 設計士と良く間違えられる

YAMATOの家代表にも「なんか、設計士っぽいな」

と初めの頃に言われた事がありますが、今までの完成見学会でも

間違われなかった事が無い位、「設計をされている方ですか?」

「設計士さんですよね?」と言われます。

 

今回の完成見学会でも3日目を終了した時点で3回目です。

 

第1位 優しそう、真面目そう

そう言っていただけるのは素直に嬉しいので、これからも

『お手入れのいらない』性格でいたいと思います。

 

完成見学会初日のお話しになりますが、前回、お引き渡しさせて

いただきましたYAMATOの家のオーナー様が会場へ

足を運んでくださいました。

 

その際、奥様が「最近、ブログ始めましたよね?人柄が出ていて、

一番面白いです。いつも楽しみに見てます。」と言ってくださり、

本当に嬉しかったです。

 

これからも面白いブログが書けるように頑張ります!!



1 / 41234
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.