YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
飯塚のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

こら!(笑)

何時もブログを読んでいただきありがとうございます。

現場では、本当に色々な出来事があります。

いっぱい悩んで決めた、キッチンが現場に登場、

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だれ、ゴソゴソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンをカバーしている養生の隙間から

 

おくさま・・・こら!(笑)

 

全部取っちゃえ !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンに夢中になっている奥様を

思わず一部始終撮影してしまいました。

とてもほのぼのする光景でした。

 

別の現場でも、

ほのぼのと言えばこの方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校帰りに、現場に遊びに来ると

まず宿題。

この光景、自然と周りの人を笑顔にさせてくれます。

 

どちらか、YAMATOの現場はほのぼのとしていますが

さらに、ほのぼのとさせてくれる各ご家族様。

完成が楽しみなようで、少しさみしい、

でも、これからが末長いお付き合いの始まりですね。

 

 

 

いい感じ

何時もブログを読んでいただきありがとうございます。

いい感じです。

 

 

 

 

 

 

気にって頂きありがとうございます。

 

 

最近の若者は

何時もブログを読んでいただきありがとうございます。

先日、滋賀で工務店を営む若き経営者。

わざわざYAMATOまで遊びに、勉強に。

 

 

 

 

 

 

左、友人     右、うちの監督。

あまり年が変わらない二人、

実はこの子達、わたしより年下

どー見ても、おっさんにしか見えないけど

若者。

最近の若者は、がんばり屋だし、素直だし、気持ちがいい。

この子達が初めて建築を仕事とした時のことを懐かしく

そこに関わることができたことを誇りに思う、

今後も、こんな若者が、誰よりも熱い熱をもって

建築をしていくことを、楽しみに。

 

そろそろ、若者募集しようかな。

条件は

 

 

 

 

 

 

 

 

何年経験を積んでも、ご家族の家を

膝をついて雑巾がけができる事です。

ちなみに、設計士だろうが、監督だろうが、

私だろうが、内勤だろうが関係無しです。

 

 

2回目

何時もブログを読んでいただきありがとうございます。

今年も1月があっという間に過ぎ去り、

1回目終了。

残り11回過ごしてしまうと、今年も終わり。

2017年1回目の日ビル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですよね。

 

って感じでしょうか。

以前のブログで書かせてもらいましたが、

全国対応しているビルダーが先頭きって取り組む省エネゼッチ。

数字を求めるがあまり、家本来の目的を忘れている

地場の気候、太陽、設計思想を忘れている。

人は自然の中に住まわせてもらっていることを忘れてる。

だから、やっぱりこうなる。

耐震も同じ。省エネはプラスの要素だから取り返しがつくけど、

耐震はそうはいかない。

だから、過去の地震や熊本地震での教訓を慎重に慎重に専門家の先生方が分析し世に送り出す、

省エネのように、解釈の違いが生まれないように。

私は、家を売るために一生懸命お金を使い、

家を売るための勉強に時間は使わない。

1ご家族の家に、一生懸命大切にお金を使い、

時間を使い、勉強する会社であり、設計士でありたい。

 

2月がもう来た・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.