YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
飯塚のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

1年

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

町田邸吹抜け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから1年。早!   と、言うことで

1年点検。

点検者は私、飯塚です。

メンテナンス専門は居ません、要らない、

メンテナンスのかからない物を正直に使えば良いだけだから

ですが点検はします!

これなんだと思います?

DSC_0680

 

 

 

 

 

 

 

1年点検チェックリストです。

恐ろしい

完成時チェックリストに点検時に気になるところを

みんなで付け足して今だ成長を続ける…

その項目数 372  

本当隅々まで見ることを強要されます…

一年点検町田邸

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の中の様子まで…

これいる?

完成時と同じ状況の確認だそうです。

確かに窓などに問題が生じれば分かりやすいけど、

窓は窓で点検項目あるし

いるかな~。?  やるけど…

時間かかりすぎて申し訳ないのもあります。

ただこの1年点検は、僕にとって何者にも変えられない時間です。

ご家族と家との繋がり。

お子様の成長。

ご家族の変化。

一生笑ってご家族とお付き合いする。

私たちの存在意義の時間の1つです。

 

 

 

 

 

うちカフェ

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今日は完成へ向け最終調整。

DSC_0585

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか不釣り合いな人達。

この方たちが集まって、いろんなご家族らしい家を造ります。

DSC_0581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとお邪魔して、1日ダイニングセット

DSC_0586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかいい感じ!

天板を変えると、様々なスタイルに対応です。

また、照明だけでも家族の時間を創ります。

DSC_0595

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でワイワイ、友達呼んでワイワイ

DSC_0636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには夫婦でしっくりお酒を飲むのもいいですね。

DSC_0592

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちも窓から見学。

DSC_0610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキップリビングは特別な心地よさを過ごすことができます。

とっても綺麗な間取りで、素敵な空間となっております。

 

 

1日家具

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今日は1日家具に挑戦!

と言っても僕がするのは最後の仕上げのみ。1時間。

毎度見学会で使用させて頂いている家具、

実は借りものなんです。家具屋さんのご厚意で。

本来とても展示として使ってよいものではありません、

オーダー家具であり、手づくりです。

と、言うことで!

見学会用備品家具、ダイニングセット製作。

製作期限1日。

昨日友人の鍛冶屋さんにTEL。テーブルと椅子の脚造ってー

と、最高の無茶ぶり

さすが幼きからの友、できたよーの連絡いただき、

尽かさずとりに行き、塗装して、テーブルと椅子に杉の板を乗っけて

はい、完成。

本当は迷彩柄の脚にしたかったけど、塗装失敗。

次回の見学会は1日家具を使ってみよう!

試作品です。

 

 

 

 

耐震等級2

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

耐震等級2を取得し、屋根材はカラーベスト

外観は十分な壁量は取れているにもかかわらずなぜ?

僕も熊本でこのお宅を見たときは唖然としました、

ここも益城町になるとは思いますが、良く報道されている所とは

少し離れたなだらかな丘にある分譲地で、周囲の建物の9割は

残っている状態でした。

01

 

 

 

 

 

 

上記画像は日経さんが取り上げた建物です、僕らもこの建物には

現地で撮った写真や、グーグルアースを使い、自分たちなりに復元を掛けていました。

壁量・直下率・変心率は当然、4号特例が大きな弊害を生んでいることと思います、

4号を略すと、木造住宅です、4号の建物は建築基準のごく一部しか適合しません

それに甘んじた建物設計をする設計士はこの静岡でさえまだ多くいます。

1棟1棟を大切にする、現場だけの話ではありません、設計段階から4号に甘んじない構造計算をする。

それが設計士に求められる責務だと考えています。

しかしながら報道でもあまり出なかったし、ご家族の事を思うとこのブログに写真を載せることは

今まで、できませんでした。

写真には載っていませんが、このご家族は家の前のカーポートを利用してテントを

張って今現在も生活しています。

この右となりは何の損傷もありまあせんでした、左隣は1階部分が30度ほど傾いて

何とか潰れずに保っていました、その隣はこの2棟よりも築年数が経っていましたが、

無傷でした。

DSC_0559

 

 

 

 

これは6月10日の写真です、一番右に移っている建物が

日経さんが取り上げ専門家の間でも検証させている建物です。

まだまだ、載せることのできない写真はありますが、1棟づつでも

公に検証していくことを願っています。



1 / 3123
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.