YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
康香のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

地元のものを使うということ

新国立競技場の建設が着々と進んでいますね。

先日、あるオーナー様と話題になったのですが、

新国立競技場は47都道府県から木材を調達しているのだそうです。

 

そもそも、今回の設計者である隈研吾はインタビューで

「木だから和風モダンという見かけの次元ではなく、

日本では、木を現代においてどのように丁寧に扱うか、

エッジの部分の仕上げにも配慮して、そのあたりまで海外の人にぜひ見てもらいたい」

と答えています。

その中で、日本では古くから親しまれてきた

木材の軒・庇を47都道府県の木材で造るという試みです。

 

面白いなぁと思ったことは、軒・庇は新国立を360度囲んで

各県がある方位にその地方の木材を使用することです。

例えば、北海道・東北地方は北側、関東地方は東側、近畿地方は西側というように。

ちなみに、観客が入場する3つのゲートの軒には被災地の木材

(北、東側は青森、岩手、宮城、南側は熊本県の木材)を採用するとのこと。

まさに全国の都道府県・人が一体となっているイメージですね!

 

静岡県は、天竜スギ材が使われるそうです。

完成した暁には、どの場所に使われているか実際に見てみたいです♪

 

YAMATOの家でも、地産地消・地域活性として

北駿材を使用することがあります。

地元のものを使う、ということは愛着を持つことに

少なからず繋がるなぁと改めて思いました。



2018/09/05
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.