YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
インスタグラム

インスタグラムをフォロー
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

設計レシピ!家づくりの長さの単位!?

今日は、家づくりをスタートしたばかりの方向けに

峯田のちょっとマニアックなブログの設計レシピをアップします。

 

家づくりで登場する単位・・・

お金のことではありませんよ♪

設計らしく「家の大きさを表す単位」からご紹介です。

 

家づくりをスタートするとまず2つの分かれ道が。

「尺モジュール」と「メーターモジュール」という区分。

モジュールという言葉はまぁざっくりいうと、空間の構成の仕方。

どちらかというと大事なのは「尺」と「メーター」

 

私も最初に木造住宅をやった時はまぁできませんでしたね。

もともといた設計事務所が分譲マンションや医療施設の設計。

それらの設計に使うのは「メーター」が基本。

1m(イチメートル)この基準があります。

mmやcm、mがこのメーターモジュールに該当します。

皆さんが文房具としてお持ちの定規もメートルが基準ですね。

ただ住宅の設計をやり始めるて、

センチメートルやメートルで職人さんと会話すると

「あっ!こいつ、素人だ!!」ってばれます。

住宅で使うのは㎜(ミリ単位)

100mm(ヒャクミリ)とか1000mm(センミリ)などが

会話に出ます。

10mm・・・

これ、読めます?

「ジュウミリ」と読みますよね。

でも現場では「トーミリ」と発音すると

「おっ!こいつ話しがわかるやつか?」と判断されるかも。

ちょっと話が脱線しましたが、

これがメーターモジュール。

一部のハウスメーカーさんなどでメーターモジュールを使っているみたいですね。

 

ただ、YAMATOの家のように昔からの日本の作り方の

在来軸組工法で家づくりをしている会社は

「尺モジュール」がそこら中にころがっています。

「尺貫法」(シャッカンホウ)と呼ばれるものです。

関東と関西でも微妙に違いますし、

ずっと昔に使われていた尺貫法と今現在の尺貫法も

これまた微妙に違うのですが、

その辺は学者さんに教えてもらうとして、

簡単に言えば「3の倍数」が重要になってきます。

910mmが「3尺」これがベース。

本来は1尺が30.333333・・・mmなので

約910㎜が3尺というかたちです。

これが数字が変わると6尺が1820mmで「1間」

一般的な一帖の押入れの幅が1間です。

これが進化して、4尺5寸・・・!?

これをぱっとmmに変換できるか・・・

4尺5寸=3尺+1尺5寸(3尺の半分)=910+455=1365mm

現場では1365㎜なんて大工さんは言ってくれません。

「そこ、4尺5寸でいいよね!?」みたいな聞き方か

本来は1365mm「センサンビャクロクジュウゴ」という言葉を

「イチサンロクゴー」と発音します。

まぁ皆さんが現場にいくことはないですね(笑)

これまた脱線しましたね。

次を覚えておくと部屋の広さなどを見る時にわかりやすいかも。

縦910mm×横910mm=半畳(大体畳半分の大きさ)

縦(横)1820mm×横(縦)910mm=1帖(大体畳1枚の大きさ)

基本的にはこのサイズをもとに、

システムバスや既製品の扉なども決まっていることが多いですよ。

もし、間取りの打ち合わせが始まった時に困ったら、

910mmをベースに「何倍の値になっているか」を

電卓で叩いてみると、実際をイメージしやすいかもしれません。

YAMATOの家づくりも尺貫法がベースとなっています。

 

今日は、家づくりで登場する「長さ」を示す単位について

途中に小ネタを挟みつつ、ご紹介させていただきました。

 

YAMATOの家 峯田

一級建築士事務所 YAMATOの家

https://www.yamato-k.net/house.htm        

YAMATOの家 公式 インスタグラム

https://www.instagram.com/yamato_house/?hl=ja       

YAMATOの家 公式 Houzz

https://www.houzz.jp/pro /yamatonoie/__public  



2022/01/29
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.