YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

快適な家

前回のブログの

「その寒さは当たり前ではありません。」

にて、今求められている家や

窓から熱が逃げやすい事などを書かさせてもらいました。

 

では、実際にどうすれば快適な家になるか

ハード面を中心に書かさせていただきます。

 

快適な家にするためには。

 

①断熱材を吟味し、しっかりした施工ができるか確認する

→前回のブログにて断熱材は相当の厚さに変更しない限り性能は変わらないとお伝えしました。

 でも、屋根+壁+床で約33%の熱が逃げます。

 それを防ぐためにも、断熱材は何を使っているのか施工は大丈夫かなど事前に確認しておくと

 後で、寒い家に住むことは防げます。

t02200079_0773027613161618751

②断熱性の高い窓を使う

→室内の熱の約52%が窓から逃げていきます。

 アルミサッシを使ったり、ただの複層ガラスを使うことは絶対に快適な家にはなりません。

 オール樹脂サッシ+Low-e複層ガラスは当たり前です。

 家づくりのご提案を受けている方は、担当者に「熱貫流率はいくつ?」と聞きましょう。

 答えることができなかったら、窓が快適な家に重要な事を理解していない証拠です。

t02200107_0672032813161619720

③バランスの取れた窓の配置

→窓から熱が逃げやすいなら、窓が無い家にすれば良い。

 これは極端ですし、静岡のように比較的温暖な地域では逆にデメリットになります。

 家は1度しか作れませんが、シミュレーションはいくらでもできます。

 家づくりのご提案を受けているなら、必ずシミュレーションを行ってもらい、

 冬に日の光が入り、夏には遮蔽されているか十分確認しましょう。

④湿度を快適に保つ

→快適な温度と快適な湿度はペアで考えましょう。

 冬の快適な湿度は40~50%と言われます。

 湿度の落ちやすい冬には加湿器をしっかり準備しましょう。

 さらには、塗り壁など調湿効果のある仕上げ材料を選びましょう。

t02200083_0800030213161618750

⑤効率の良い換気を行う

→一般の家には2時間で1回以上、室内の空気を換気させることが法律で決まっています。

 これは、やらなければならない事なのでしょうがないですね。

 ただ、換気を必要以上にしなければいけなくなる要素があります。

 それは、石油ストーブです。おそらく石油ストーブを使って規定通りの換気を行っている

 方は少ないでしょう。

 石油ストーブは熱と消費エネルギーの効率があまりにも悪すぎます。

 しかも、室内空気を汚染してしまう。

 一番効率がよいのは、実はエアコンです。

 空気が乾燥するなどの理由で、エアコンの暖房がお嫌いな方もいらっしゃると思います。

 でも、石油ストーブの方が室内空気を悪化させます。

 エアコンにも良し悪しがあるので、安易に選んではいけません。

t02200086_0762029813161618749

以上、5つの重要ポイントを上げさせていただきました。

 

まだまだ、快適な家には必要不可欠な内容が多いです。

徐々にご理解いただくためにも、本日はここまでです。

 

家づくりが進行中、これから家づくりをご検討の方など

1つでも不安要素があったら、今のうちに取り除きましょう。

 

我慢する家にならない様に。

そして、快適な家を手に入れましょう。



2014/12/17
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.