YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

一級建築士 峯田の設計レシピ GrandOpen

羽切の現場レシピが

どうもご好評いただいているようで、

なにか思うところが・・・

 

なので、負けずに一級建築士の

わたくし峯田慎也の設計レシピを始めます!!

今回は私のブログではおなじみの

「窓」についてです。

 

一時期よりは流通し始めた

オール樹脂サッシの「APW330シリーズ」

もしくは、まだまだ知られていない

ハイブリッドサッシの「サーモスX」

家づくりをしているのに

聞きなれていない方がいらっしゃったら

ん~それは・・・

 

建設会社さんに問い合わせしましょう!!

しっかり答えてくれること間違いなし!!

 

皆さんは窓と言われれば

太陽の光を取り入れ換気をする。

そして家のデザインを決める。

こんな感じでしょうか。

t02200330_0283042513463274683

そこから快適性をつくりあげるのが

プロが説明するべき「性能」です。

 

このサーモ画像を見てください。

t02200134_0460028013463276060

パッと見てどこが窓かわかると思います。

 

っと言うことは、

断熱材のある壁と、ただの窓との

温度差がすごくあるということです。

 

これが一般的な「窓」と呼ばれている物。

温度差が明確ですね!!

 

では次はYAMATOの家

サーモ画像と実際の写真にて見比べ。

パターン①は

「APW330」と「現場発泡の断熱」

t02200165_0425031913463278666

t02200165_0425031913463278497

うっすら窓の位置はわかりますが、

色の差はほとんどないです。

と言うことは断熱材と窓との性能がほぼ一緒ということ。

 

パターン②は

「サーモスX」と「セルロースファイバーのデコス」

t02200165_0425031913463282649

t02200165_0425031913463282648

こちらももちろん結果は一緒。

 

断熱材の違いについては、

別の日にお送りしたいと思います。

 

ちなみにこの2つのサーモ写真は

私が御殿場の家づくりで実際に撮影したものです。

無断で使用はしないでください。

 

っといっている間に

だいぶ長くなってきたのであと少し。

 

熱の伝わりやすさを示す言葉に

熱貫流率というものがあります。

この数字が小さいほど

断熱性が高いということを示します。

 

APW330シリーズは

1.67W/㎡・K

サーモスXは

1.52W/㎡・K

 

ちなみにAPW330が先に出た商品で、

サーモスXが後で出た商品です。

 

数字を並べられても難しい・・・

 

設計としては

分かりやすく伝えることも重要!!

ご心配なく。

 

皆さんの窓がどの程度の性能かは

容易に知ることができます。

それは窓についているこちらの表示。

t02200146_0425028313463287106

星の数で4段階で評価しています。

 

もし表示していなかったら、

設計担当に聞いてみましょう!!

うちの家の窓はどんな性能?って。

 

もちろんYAMATOの家のスタッフは

設計担当でなくても答えることができます。

 

まだまだ同じようで同じでない「窓」

 

次回はYAMATOの家では

どちらも使用している

「APW330」と「サーモスX」の違いを

設計の視点からお伝えしたいと思います。

 

窓というかたちができるまでに

どれだけの素材が重要か。

まだまだこのレシピは続きます



2015/10/24
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.