YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

5年後、10年後・・・

ネットを見ていてある会社さんが目に留まりました。

住宅の会社さんのなかでも規模もかなり大きい会社さん。

ホームページも充実していてすごいな~。

そう思いながらあちらこちらをクリックしていると、

とても親切な部分がありました。

それはアフターの部分について。

アフターと言うとYAMATOの家のFacebookでも

紹介されているように、

どの住宅会社さんでもやられているはずの内容。

お引き渡しをして、家の状況を確認するのが

YAMATOの家ではアフターフォロー。

扉の調整などその場でできることから、

ライフスタイルの変化でちょっと手を加えることもあります。

無償から有償までいろんなアフターがあります。

 

そんな中、その会社さんのアフターについてみていると、

有償の内容がしっかり載っていました。

親切なホームページだな~と思いながらポチッと。

フムフム・・・

 

その中で最初に紹介されていたのがサイディング。

シーリングの打ち替え、外壁の塗装・・・

税込で40万円を超えていました。

スケジュールとして、

5年から10年で再塗装。

10年から15年で再々塗装。

続いていきながら、25年付近以降で書いてあったのが

状況に応じて外壁の張り替え。

シーリングは5年以降状況に応じて・・・

 

しっかり説明責任を果たしている部分は

とても素晴らしいです。

オーナー様にメンテナンス費用が掛かりますよ。

そう伝えるのは大事な事です。

 

とても親切で見習いたかったのですが、

YAMATOの家とは少し考え方が違いました。

それはYAMATOの家が皆さんにお伝えしている

「脱!サイディング宣言!!」と「脱!アルミサッシ!!」

この2つは必ず見学会のチラシに書いている内容。

生涯のメンテナンスコストを最小限に抑える素材を

YAMATOの家では選択しています。

 

そもそも住宅ローンを35年で組みながら、

5年後、10年後に40万円以上のメンテナンス費用。

その費用はオーナー様の負担になってしまう。

家と楽しい思い出がつくれないではないのか?

というのがYAMATOの家の考えです。

 

もしかしたらメンテナンスが必要な建材を使う家の方が

安く家をつくれるのかもしれません。

 

ただ、YAMATOの家のオーナー様ご家族の我が家は

いつまでもいい家でいてもらいたい。

そして今も、いい家でいてくれているオーナー様ご家族が

YAMATOの家には沢山いてくれることが、

私たちの喜びになっているのが現実です。

 

家づくりに対する住宅会社さんの考えはさまざまです。

見た目だけでなく、その会社さんがなにを重視しているのか。

それも家づくりの選択にはとても重要ですよ。



2018/10/18
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.