YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

未だにこの内容・・・

家づくりをご検討頂いている皆さんがこの瞬間も見ているのが

インターネットというツールではないでしょうか。

インターネットって単語をいれれば簡単にいろんなものが検索できる。

例えば・・・「吹抜け 寒い・・・」

こんな感じで家づくりをしていると一度は調べたことがあるのではないでしょうか?

吹抜けへのデメリット見つけ・・・

先日もインスタを見ていたらある一級建築士でさえも「吹抜け=寒い」で

簡単に吹抜けの導入はしないようにアドバイスしていました。

ん~どうなんでしょうかね・・・

本当にそのアドバイスは正確なのですかね・・・

私も日本の建築士事務所さんや工務店さんの施行実例を勉強のために見させてもらいます。

静岡県内はもちろん都内、東北や北海道の設計事務所さんもあります。

そして東北や北海道ですら住宅に吹抜けを導入・・・

それどころか吹抜けを積極的に導入している設計事務所や工務店さんがいらっしゃいます。

YAMATOの家の見学会にいらっしゃったことのある皆さんも、

よく吹抜けを目にしているかと思います。

小山町や御殿場市内・・・それより寒さ厳しい別荘地の家づくりにも吹抜けがあります。

寒くなるのならそもそも快適な住環境が実現できないのでNGです。

でも吹抜けをつくっているYAMATOの家の一級建築士達は知識不足なのでしょうか?

さらに東北や北海道でも吹抜けを導入している設計事務所や工務店さんも

知識不足なのでしょうか?

 

もちろん吹抜けを創るぐらいなら部屋をもう一部屋増やしたい。

それはお客様ご家族のご要望です。

でも「吹抜け=寒い」未だこの内容を推し続ける建築士と言うプロ。

「木を見て森を見ず」

「自分の設計を見て日本の今の家づくりを見ず」ではないでしょうか・・・

今週末のYAMATO小山町の家「新築住宅完成見学会」へお越しの皆さんは

「吹抜けのデメリットを見て家全体を見ず」

ではなくて、

「家全体を見て、そして吹抜けも見て」

ぜ~んぶを見て皆さんの家づくりに活かしていただけると幸いです。

私自身もあまり好きな書き方のブログですみませんが、

見学会前にしっかりとお伝えしたかったので書かさせて頂きました。



2018/09/12
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.