YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

連チャンです・・・

YAMATOの家でオリジナルでつくるのが「MADE IN YAMATO」

家そのものはもちろんオリジナルなのですが、

その中でも私の部分でものすごい検討が必要な図面があります。

それが「鉄を使ったMADE IN YAMATO」

鉄。

何を創るかというと、こういうもの・・・

これだけでも2つの家づくりの3つ部材を創っています。

3つの部材といっても大きく分けて3つ。

小さなパーツから大きなパーツまで全部使わないと1つのものが完成しない。

こういうのは規格が決まっていてその通りに創れば・・・

そんな簡単だったらいいのですが、

鉄ってスゴイ自由がきくんです。

自由がきくということは、設計が決めないと誰も決めてくれない。

強度を求めない場合もあります。

こんな感じ。オブジェとして鉄を使う事もあります。

でも、強度を必要とすることの方が多いです。

それが手すりや階段、テーブルの脚などです。

しかも家づくりが進んでから現場に合わせて創るのは比較的簡単。

なんたって目の前に現物があるから。

でもこれを家づくりが始まる前に決めるのはかなりの難易度。

でもYAMATOの家では事前に創ることの方が多い。

なぜなら、構造部材や施工方法なども含めて検討することで

完成した時により一層きれいに見える♪

この階段1つとっても、実は基礎からすでに補強されています。

もちろん、壁の中にも補強。

構造部材の梁もこの階段のために大きさを決めていたり

ドアの上は2㎜というミリ単位での調整をしています。

ただ、図面はパソコンがきれいに書いてくれますが、

それを作ってくれる鉄骨職人さんがとても重要。

この図面も書いたら鉄骨職人さんと細かな打ち合わせ。

ここはこういう部材で補強したほうがいいかもとか、

これだと重すぎるからもうちょっと軽くしようとか。

またまた新しい部材の検討もうまくいったので、

NEW MADE IN YAMATOがまたお披露目になるかな~♪

おそらく上棟直後あたりで♪

ただ、ここ数日、連チャンで鉄ばかり見ていて

そろそろ木の家づくりがしたい木造住宅設計担当でした。



2018/08/03
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.