YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

もう1つの・・・

ここ数日、カッコイイ写真のブログでなくてすみません。

ただ、どうしてもあのアナコンダ・・・

じゃなくてエアコンのダクトが使う事が出来るかだけご紹介したかった。

その1つだけでもこんなにいろんな事が繋がっているんです。

人がいない部屋も空調するためのグレーのダクト。

そのために壁も天井もそして基礎の中もしっかり断熱。

あっそうそう、もちろん窓はトリプルガラスなど高断熱仕様です。

そこはYAMATOの家のオーナー様だと、

また窓の事ばっかりと言われそうだったのでサラッと。

実はもう1つのアナコンダ・・・もうそろそろしつこいですかね。

もう1つのダクトが現場では施工されていました。

それが重要な「換気用のダクト」

こちらの家づくりでは「機械で空気を室内に取り入れ」

「機械を使って汚い空気を排出する」

「機械+機械」の第一種換気というものを採用しています。

通常多いのは「自然に給気して」「機械で排出する」

「自然+機械」の第三種換気というもの。

なぜ第一種換気を採用したかというと

「全熱交換器」という特別な機械を搭載させたかったから。

この黒い箱のような全熱交換器は室内の空気を外に排出する時に、

せっかく温めたり冷やした室内の空気をそのまま捨ててはもったいない。

なので、汚れてしまった空気は外に捨てるけど「熱」だけは綺麗な空気に引き継ぐ。

そんなイメージしてください。

そうするときれいな空気がエアコンで空調される前に比較的室温に近くなる。

そうするとエアコン自体の負荷も減らせる。省エネ!!につながるんです。

そして室内を循環してきてちょっと汚れてきた空気をうまく排出する。

家中の空気を常に綺麗にしつつ、快適な温度を実現し、

さらに汚れてしまった空気の温度をうまく使って省エネ効果を得る。

簡単に言うと「家全部をリビングのような環境にする」

そのためのダクトたちです。

そしてこの設備的な内容の最後にサラッと。

1階も2階も合わせて家全体をリビングのようにするために「吹抜けが重要」なんです。

いろんなオーナー様ご家族が御殿場や小山町でも吹抜けを採用されている。

こちらの家づくりにももちろん吹き抜けはありますが、実際に見たい方は、

明日から始める新築住宅完成見学会のYAMATO二枚橋の家にも吹き抜けはありますよ。

デザイン性ではない。機能的な吹抜けを是非ともご堪能くださいね。

ながながつながってきたブログは今日で一区切り。

もうちょっと詳しくお伝えしたかったところもるので、

またの機会にさせて頂きますね。



2018/07/20
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.