YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
YAMATOのブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

日本の住宅事情

先日、国土交通省住宅局のホームページで発表になったのが、

平成25年の「住生活総合調査結果」という報告書。

5年に1回実施する総務省の住宅・土地統計調査をもとに、

約12万世帯を調査対象としてデータを分析し、

住宅の居住者の満足度や意向の関係性を報告してくれています。

詳細の報告書は176ページにも及ぶので、

ブログで一度にご紹介はさすがに難しい。

なので、今日は報告書の中から「住宅の個別要素に対する評価」

この部分を見てみたいと思います。

 

住宅の個別要素に対する評価というと難しいかもしれませんが、

今の住まいにどんな不満を抱えているかという内容です。

平成25年のものを見てみると、

最も不満の割合が多かったのが、「高齢者などへの配慮」です。

バリアフリーがまだ重要視されていない部分が明らかになった。

また、単世帯の増加も一因しているのではないでしょうか。

子供たちも独立し、ご夫婦だけになった家。

徐々に年齢を重ねサポートしてくれる人がいなく、

若いころは考えていなかったバリアフリーへ不満がでてきた。

このような部分もあるのではないでしょうか。

 

その次は、「地震時の住宅の安全性」という部分。

これについては、この平成25年の報告という

少し特殊な時期の報告だからという部分もあるかもしれません。

この調査の少し前の平成23年に起きたのが東日本大震災です。

地震への不安が鮮明に残っていたのもあるのではないでしょうか。

 

その他には「省エネルギー性」や「住宅のいたみの少なさ」

という項目が上位にありました。

 

家づくりをされる時は、夢も大事ですが、

今の不満を解消することもとても重要かと思います。

YAMATOの家でもお客様にヒアリングする内容の中に、

「今の住まいで不満な部分はありますか?」

というものがあります。

不満を解消し、いい家づくりをする。

 

今日は日本の政府から発表された資料をご紹介させていただいました。



2018/10/12
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.