YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
YAMATOのブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

御殿場仕様かも!?

もちろんYAMATOの家づくりは御殿場や小山町で

快適に過ごせる仕様になっていますが、

今回のご紹介はYAMATOだよりについて。

YAMATOだよりも郵送させて頂いて、

明日には皆さんのお手元に届きはじめるかと思います。

いつもとはちょっと違う雰囲気でお届けになるので

その違いも「あれっ!?」と気が付いて頂きたいところです。

さて、郵送する時にYAMATOの家がいつもお世話になっている

御殿場の富士岡郵便局さんへ。

来月のYAMATOだより用の切手を購入しようと思ったら・・・

奥から郵便局のえらい方が

「ちょっと待って!」

何かと思えば、切手の絵柄について。

実は3月に御殿場の郵便局の皆さんも楽しみな

絵柄が登場するらしいです!

問い合わせがかなりあるようで、

YAMATOの家もせっかくなので取り置きをしてもらう事に。

でも全部の絵柄が同じでないので、

YAMATOだよりをお送りさせて頂く皆様の中でも

ごくわずかの方しかいらっしゃらないかもしれません。

もしかしたら御殿場仕様のYAMATOだよりが届くかも!?

ちょっと気が早いかもしれませんが、

4月のYAMATOだよりもお楽しみに!

エネルギー・・・

元気いっぱい!エネルギーがありあまっている

YAMATOの家スタッフ達!!

ではなくて、大阪ガスと中部電力が都内に4月から

進出する発表のニュースが登場もしている

日常をおくるために必ず必要なエネルギー。

電力の自由化という波が徐々に強まってきています。

家にもエネルギーの波が強さをどんどん増すため

YAMATOの家もしっかりとして知識を持つために講習を受けてきました。

 

キーワードは「バーチャルパワープラント」について。

またカタカナだと難しそうですね。

今では太陽光発電を搭載している住宅も沢山あります。

本来は電力などエネルギーを消費するだけだった皆さん。

それが今では電力会社のように電気を作る事、

さらに蓄電池を持っていると蓄えることまでできるようになりました。

いうなれば「小さな発電所」

企業などもメガソーラなどで電気をつくる。

それらがみんなバラバラでは効率が悪い。

それらをバーチャル(仮想)でつなぎ合せて、

あたかも大きな発電所があるかのようにしましょう。

ざっくりいうとこんな感じですかね。

そのためには、峯田のブログでも登場していた

「Iot」などインターネットなども駆使して、

そのバーチャル空間でどのくらい発電しているかや消費しているかなど

情報を駆使しより効率をよくエネルギーを運用できる。

まぁ、バラバラでいるよりまとまりましょう。

そして大きな発電所として運用しましょう。

ざっくりはそんな感じです。

これからの世の中の流れを読み解くのも家づくりのプロとして必要な事。

また、詳しくご紹介させて頂きますね。

NEW MEMBER!

YAMATOの家にではありませんよ。

家づくりには沢山の専門職の職人さんが

オーナー様ご家族の我が家を造り上げてくれています。

さらに、注文住宅のYAMATOの家では、

オーナー様ご家族のご要望にお応えするために

この職人さんを見つけなきゃ!

そんなシーンもあります。

先走って現場監督の哲生さんのブログで登場してしまいましたが、

YAMATO川沿いの木の家づくりに

NEW MEMBERの職人さんが登場しました!

それが「家具職人さん」

オーナー様ご家族から「こんな家具がほしいな~」

それも大切な我が家のこだわり。

新しい「MADE IN YAMATO」が必要では!?

っで見つけました・・・

ではなくて、すでに今までもYAMATOの家づくりを

支えてくれていた職人さんたちの中にいらっしゃった!

自社でオリジナルの家具を創り上げ、そして販売していた家具職人さん。

ばっちり腕を振るってくれるようです。

仕上りはもうちょっと先ですが、

造るための採寸をしてくれました。

NEW MEMBERの「家具職人さん」

どんな出来上がりになるかは、まだ内緒♪

田園回帰

田園回帰・・・

2月21日に総務省の田園回帰に対する調査結果が発表になっていました。

都心部などから人口が少ない地域へ移住する。

今回の調査結果では「2,000人以下の地域への移住が35%の増加」

と、より人口の少ない地域への移住が多いという結果でした。

専門家の見解だと

「”より本物の”田舎を求めているのではないか」そういう判断もしているようです。

田舎というと怒られてしまいますが、

今日は小山町にてYAMATO小山町の家の地鎮祭でした。

小山町という人口20,000人にも満たない街ですが、

実はこの町を陰で?いやいや表に立って支えてくれる

皆さんがいらっしゃいます。

それが「おやまで暮らそう課さん」

YAMATOの家も土地の紹介や各種補助金の手続きなどで

日頃からいろんな面でサポートして頂いてる小山町役場の皆さんです。

ホームページはもちろん、毎日更新されているFacebookをはじめとして、

都心での移住相談窓口の開設や小山町のPR活動、

婚活活動支援から企業さんの誘致など多岐にわたる活動を行い、

さらには発信し続けてくれています。

そんなおやまで暮らそう課さんは定住促進として家を建てる土地も準備してくれます。

その一つが「ヒルズ・YOUSAWA」

YAMATOの家もこのヒルズ・YOUSAWAにて家づくりをさせて頂きました。

世界遺産の富士山に見守られながらの大自然、

近隣には小学校や中学校もあるし、国道246号線へのアクセスも簡単。

今後はスマートインターチェンジもできるのでさらに交通の便がよくなる!

その上、なんと東京オリンピックの「自転車競技ロードレース」の

ゴールに富士スピードウェイが決定し今後はさらに賑わいそう!

田園回帰・・・

これが最前線で行われている「地方創生」ではないですかね♪



1 / 712345...最後 »
 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.