YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
康香のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

古美る

先日の峯田さんのブログ「どう感じるか」を読んで、

建築哲学の授業で聞いた経年変化の話を思い出しました。

 

新しい物が古くなったときにどうなるか。

 

・「綺麗」→「汚い」

ではなく

・「美しい」→「古美る(ふるびる)」

ものを目指しなさい、と。

 

使い込んで古くなったものこそ、味があり美しいという考え方。

侘び・さびにも通じる概念だと思います。

 

現代は安いものを高級に見せることが上手くなっている。

本当に高級(上質)なものが何かわからなくなっている。

確かにその通りだと思います。

 

家づくりにしても、無垢と見た目がほぼ変わらない合板フローリング。

プリント技術の向上により、パッと見ただけでは

本物かどうかわからないものもあります。

 

確かに合板フローリングはキズや汚れに強いですが、

表面は木目を印刷したシートなどが貼られているため、

キズがついた場合違う色の下地が見えて目立ってしまいます。

 

一方無垢だと、キズがついた場合ワックスを塗ったり

アイロンをあてて木を膨らませることで傷を目立ちにくくすることができます。

また、使い込んでいくことで独特の艶や風合いが出てきます。

 

耐久性をとるか、自分でのお手入れをとるかは

環境にもよりますし、人それぞれだと思います。

 

ただ、10年20年経ったときに経年変化した家に愛着が持てるかどうか。

時が経つほど住むほどに、味わい深い古美た家になるかどうか。

そんな観点から家づくりを考えてみても面白いと思います。

 

事務所にある、無垢のサンプルの数々。

一つとして同じ目の模様がなく、見ていて飽きません。



2018/03/21
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.