YAMATOの家│大和建設株式会社│自然素材を活かし、伝統構法(木組み+貫工法)で木の家づくりをする静岡県御殿場市・自社設計の地域工務店です。  
峯田のブログ

ブログ
フェイスブック
住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構
ジャパンホームシールド株式会社
マイナンバー

この道・・・なんの道!?

皆さん、今日も外出した時にいろんな道を通ったかと思います。

道・・・

YAMATOの家の事務所があるのは「国道246号線」沿い

そう国道(こくどう)・・・

その他にも「県道(ケンドウ)」「市道(シドウ)」「町道(チョウドウ)」「私道(ワタクシドウ)」などなど・・・

県道○○号線、市道○○号線・・・

こんな感じで道にもしっかり名前があります。

 

そんなことは知っているよ!!

って言われちゃいそうですが、建築士はこれでは務まりません。

 

そう、「建築基準法上の道路」と言うものがあります。

 

建築基準法第42条・・・

この「法第42条」を知らないで設計の業務は絶対にできません。

 

そもそも土地は道路に接していなければなりません。

そうしないと建築物は作る事ができない。

その時に必要なのがこの法第42条の「道路の定義」についてです。

 

建築士にとって一番うれしいのが「法第42条第1項一号道路」

ちょっと建築士っぽい言い方すると「1項一号(イッコウイチゴウ)」

こうやっていうと役所との話もちょっとカッコイイ♪

この道路は道路法に基づいた4.0m以上ある道路の事。

特に問題なく土地に建物が計画できる。

 

お次はちょっと要注意!「法第42条第2項道路」

2項道路(ニコウドウロ)と言われ、4.0m未満の道。

基本的には建築基準法であつかう道路は4.0m以上必要。

なので、4.0m未満だと、土地を削って将来的には4.0mの道が

作れるようにしなければいけない。役所との協議も重要!!

 

お次は・・・

これを続けていると読んでくれなくなりそうなので大きな2つをご紹介♪

あとは分譲地で1項五号道路がでてきたり、

古い街並みだと建築基準法が出来る前から土地のための道だった1項三号とか

レアな道に出逢って見たり。これもしっかり調査が必要!

 

家づくりのときに土地探しをされている皆様。

いいな~って思った土地の道。

どんな道かちょっと気にしてみてくださいね♪

 

たまには建築士としてしっかりブログ書いてみました♪



2018/05/10
ライン





 
サイトマップ│YAMATOの家《大和建設株式会社》 - コンセプト
- お問合わせ
- 資料請求
- プライバシー
- はじめてのかたへ
- メリット・デメリット
- 5つの安心・保障
- 基本仕様
- 家を建てるまで
- 実例
- 施工後記
- お客様の声
- YAMATOのリフォーム
- リフォーム体験記
- イベント情報
- 新着情報
- スタッフ紹介



大和建設株式会社 本社:〒412-0038 静岡県御殿場市駒門318-4 TEL: 0550-87-3060 FAX :0550-87-3359
Copyright c 2012 大和建設株式会社 All Rights Reserved.